「呪い」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「呪い」の意味とは

呪いとは、週刊少年ジャンプ連載の「呪術廻戦」において、人間から発せられる負の感情や、そこから生み出され具現化し、意思を持った怪物の総称です。

呪いは病院、学校など、多くの人の想いが集まる場所に発生しやすく、人に対して危害を与えます。
また、人口に応じて呪いの数は多くなり、力も強くなります。
呪いの強さにもは個体差があり、呪術界では、呪いが形を成した「呪霊」は「四級・三級・二級・一級・特級」の5段階にクラス分けされ、その他にも四級未満に蠅頭がいます。
通常の呪いは、一般人には見ることはできませんが、特級の呪いになると、人間とはっきり意思疎通することも可能です。
物語の中では、日本国内での怪死者や行方不明者は年間平均1万人を超え、ほとんどが呪いによる被害とされています。
呪いと戦えるのは呪いでしかなく、対呪いの専門機関である「東京都立呪術高等専門学校」の呪術師は呪いを払うべく戦いを続けています。
心霊スポットにも呪いがたまりやすいので、呪術高専の関係者が定期的な見回りをしているようです。

呪術廻戦の中での「呪い」である「呪霊」

呪霊には以下のような階級で分けられています。

4級の呪霊

4級は呪霊の最下位の階級で、木製のバットでも倒せるとされて言われている程度の強さです。
なお、4級に満たない呪霊を蝿頭(ようとう)と呼びます。

3級の呪霊

3級の呪霊は、戦闘時に拳銃を持っていると心強いと評されるレベルの呪霊です。

2級の呪霊

2級の呪霊は、3級、4級とは強さが全く異なり散弾銃を使ってぎりぎり倒せると言われています。
2級と準2級に階級が分かれていますが、階級分けには呪霊が術式のを持っているかどうかも加味され、強さは準1級相当であっても術式を持たないことから2級に分けされる場合もあるようです。
このケースでは、2級呪術師だけでは苦戦を強いられることになります。

1級の呪霊

1級は、呪霊の中でも強い部類です。
2級と同様に1級と準1級が存在し、その強さは戦車があっても心細いと言われるほどに凶悪であり、物理的な強さはもちろん、1級の中には高い知性を示すタイプも現れる段階です。
その中でも、人間の言葉を操る呪霊は準1級以上に分類されるています。

特級の呪霊

特級は、呪霊の中での最上位であり、高専では現段階で16体を確認しています。
特級呪術師の能力をもってすれば確実に祓えるとされていますが、国内の特級呪術師はわずか4人のみであり、特級呪霊の存在が脅威であることがわかります。
特級の中には、人間と同じ程度の知性を持つものおり、それ以外でも高専が把握できずにいる個体もいるようです。
また、呪霊には特級以上の等級がないため、同じ特級でも1級寄りの特級と、想像を超える能力を持つ特級との間には、大きな力の差があります。

「呪い」の例文・用例

呪い

呪いを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●呪術廻戦のグロテスクな呪いの姿は必見。
呪いを身に宿す主人公がかっこいい。

SNSでの「呪い」の使われ方

「呪い」の類義語

呪いの類義語はありませんでした。

「呪い」の対義語・反意語

呪いの対義語・反意語はありませんでした。