「領域展開」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「領域展開」の意味とは

領域展開とは、週刊少年ジャンプ連載の漫画「呪術廻戦」で使われる言葉で、「術式を付与した生得領域を呪力で具現化すること」という意味です。

術式の最終段階で、呪術戦の極致でもあります。
「術式」とは呪力を流し込んで技を発動させること、「生得領域」とは心の中のことをそれぞれ指しています。
発動には、指で印を組む動作が必要ですが、呪霊が使用する場合は、口腔内に腕を作り出して印を結ぶ、腹に印を描くなどの発動も見られます。
結界術の一種であり、敵を閉じ込めることに特化した空間支配的な術で、発動すると術者の周りの空間が、術者の領域に変化します。
領域展開することで、術者が自在に行動できる心の中の領域に敵を引き込むため術者の能力は上昇し、領域内で発動させた術式は必中となります。
しかし、莫大な呪力を消費することで、一定時間経過しないと術者が次の術式を使えなくなることが大きなデメリットです。

「領域展開」を使用できる人物

領域展開を使いこなす人物はごく少数に限られています。
これまでは、五条悟の「無量空処」、伏黒恵の「嵌合暗翳庭」、両面宿儺の「伏魔御厨子」、漏瑚の「蓋棺鉄囲山」、真人の「自閉円頓裹」、陀艮の「蕩蘊平線」が連載の中で登場しています。
他にも、花御と疱瘡神が使用できますが、名称については明かされていません。

「領域展開」の例文・用例

領域展開

領域展開を使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●これぞあたしの推しを領域展開した部屋。
●うちの子、短い指で頑張って領域展開してる、かわいい。

SNSでの「領域展開」の使われ方

「領域展開」の類義語

領域展開の類義語はありませんでした。

「領域展開」の対義語・反意語

領域展開の対義語・反意語はありませんでした。