「ちゅきぴ」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「ちゅきぴ」の意味とは

ちゅきぴとは、好きなpeople(ピープル)と言う意味の若者言葉です。

ちゅきぴが流行する数年前から「好きピ」という言葉が流行していました。
「好きピ」をさらに舌足らずな感じに「ちゅき」と発音にすることによって、かわいらしさを強調する言葉です。
「ちゅきぴ」はシンプルに好きな人のことを指して使う場合もありますが、相手に言葉で「好き」と伝える時に使う場合もあります。

「ちゅきぴ」の元ネタ

ちゅきぴの元ネタは、「ポプテピピック」と言われています。
どんな質問にも答えると言ったピピ美が、ポプ子が尋ねた「ポプ子のことどのくらい好きか教えて」に対して、恥じらいながら「いっぱいちゅき」答えたシーンがもとになったようです。
屋探れた世界観の中で、突然現れたセリフに読者が驚愕したと言われています。

ポプテピピックとは、大川ぶくぶによる4コマ漫画で、2018年にはテレビアニメにもなり、TOKYO MXほかにて放送されました。
「ポプテピ」「ポプテ」などとも呼ばれ、竹書房のウェブコミック配信サイト「まんがライフWIN」にて2014年から連載されています。
時事ネタや風刺ギャグ、ブラックユーモアが多く、1980年代のアニメやドラマのパロディが多くちりばめられました。
主人公のポプ子とピピ美の声については、アニメ版では各話各パートすべて異なる声優が演じたことも話題となり、
SNS上でも次の声優の予想が次々とツイートされるほどでした。
また、30分を前後半に分け、前半と後半は同一の内容を声優を変えて放送していたことも有名です。

「ちゅきぴ」の例文・用例

ちゅきぴ

ちゅきぴを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●毎朝学校で、ちゅきぴをしていた。
ちゅきぴがないと生きている実感がなくなってしまいます。

SNSでの「ちゅきぴ」の使われ方

「ちゅきぴ」の類義語

ちゅきぴの類義語はありませんでした。

「ちゅきぴ」の対義語・反意語

ちゅきぴの対義語・反意語はありませんでした。