「フリークエンシー」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「フリークエンシー」の意味とは

フリークエンシーとは、ユーザーが広告に接触した回数という意味で、主にWEB広告の業界で使われています。

「フリークエンシー」の語源

フリークエンシーの語源は、英語の「frequency」です。
和訳すると「頻発」「(統計上などの)回数」といった意味になり、そこから「広告との接触回数」という意味で用いられるようになりました。

「フリークエンシー」の特徴

ネット上でSNSやYouTube等を見ていると、一日のうちに同じ広告を何度か見ることがあります。
この「(一定期間内で)同じ広告が同ユーザーに表示、配信される回数」のことを「フリークエンシー」と言います。

フリークエンシーは過度に多すぎると不快に思われ、その商品やサービスにネガティブな印象を抱きやすくなってしまいます。
かといってあまりに少なすぎても広告効果が薄れてしまうため、商品やその媒体によっての広告効果をきちんとテストして、最適な回数を決めることが重要になってきます。

「フリークエンシー」のポイント

フリークエンシーを過度に高めすぎないための重要な設定のひとつに「フリークエンシーキャップ」という項目があります。
これは、1ユーザーへの広告表示回数に上限を設ける設定のことです。

フリークエンシーが高まった場合に、広告のキャッチコピーや画像を変更して「何度も同じ広告が表示されてる」という印象を和らげる対策がとられることがあります。
しかしそれではコストが高くなってしまうため、ひとつの広告を効果的に使うという役割として「フリークエンシーキャップ」を設定することが重要になってきます。

媒体ごとに設定方法や設定項目は変わってきますが、「○回まで」「○日のうちに○回」などの項目を細かく設定できる場合が多いです。

「フリークエンシー」の利用時の注意点

「フリークエンシー」と混同されやすい言葉として「リーチ」があります。
「フリークエンシー」が「ある1つの広告が1ユーザーに何回接触したか」という数を指すのに対し、「リーチ」は「ある1つの広告が何人のユーザーと接触したか」という数を指しているため、まったく別の意味になります。

「フリークエンシー」の例文・用例

フリークエンシー

フリークエンシーを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●このサービスはTwitterユーザーには刺さりそうだから、ちょっとフリークエンシーは高めに設定してもよさそうだね。
●新しいTVCMがちょうどいいフリークエンシーだったのも、売り上げアップに繋がったようです。

SNSでの「フリークエンシー」の使われ方

「フリークエンシー」の類義語

フリークエンシーの類義語はありませんでした。

「フリークエンシー」の対義語・反意語

フリークエンシーの対義語・反意語はありませんでした。