「油性ファンデーション」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「油性ファンデーション」の意味とは

油性ファンデーションとは、油性の基剤に色素顔料を練りこんだファンデーションの総称です。

「油性ファンデーション」の特徴

ファンデーションとは、シミや毛穴といった肌の”アラ”をカバーし、肌を美しく見せるために塗布する化粧品(ベースメイクアップ)です。また、紫外線などの刺激から肌を保護する役割もあります。
肌質や年齢、カバーしたい悩みや季節などに合わせて様々なタイプが選べるようになっています。

油性ファンデーションもそのひとつで、他にもパウダーファンデーションやケーキ型ファンデーション、乳化型ファンデーションなどがあります。
ファンデーションは主に「顔料」と呼ばれる粉体成分と、それらを皮膚に付着させるための基剤とで構成されています。これらの成分の構成割合や基剤が油性か水溶性かなどによって種類が大別されます。

油性ファンデーションは、ミネラルオイルや固形ワックスといった油性の基剤に色素顔料が練り込んであるタイプのものを指します。
リキッドファンデーションやクリームファンデーション、コンパクト型やスティック型など様々な形状のものが販売されています。

「油性ファンデーション」のメリット・デメリット

油性ファンデーションのメリット・デメリットをご紹介します。

油性ファンデーションのメリット

  • 密着度が高くカバー力に優れている
  • 耐水性に優れていて化粧くずれしにくい
  • 保湿効果がある

油性ファンデーションのデメリット

  • 厚塗り感がある
  • テカリがでやすい
  • 肌への負担が高い

「油性ファンデーション」の例文・用例

油性ファンデーション

油性ファンデーションを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

油性ファンデーションを使ったのでしっかりクレンジングしてくださいね。
●乾燥する季節は油性ファンデーションをメインに使ってます。

SNSでの「油性ファンデーション」の使われ方

「油性ファンデーション」の類義語

油性ファンデーションの類義語は、「ドーラン」です。
主成分が油性のおしろいのことです。舞台や撮影現場で使われる、ごく厚塗りのベースメイクアップです。

「油性ファンデーション」の対義語・反意語

油性ファンデーションの対義語は、「水おしろい」「水ファンデーション」です。
水溶性の成分に色素顔料を混ぜたタイプのファンデーションです。