「ハード」とは?意味と例文が3秒でわかる

2020-03-21

「ハード」の意味

ハードとは、ゲームソフトを起動させる本体のことです。

例えば、ファミコンやプレイステーション、ニンテンドーDS、Nintendo Switchなどが該当します。

「ハード」の語源

ハードは、「ハードウェア(hardware)」の略語になります。「ソフトウェア(software)」の対義語として使用されます。

コンピュータにおいて、処理装置や記憶装置、入出力装置、あるいはケーブル類など、コンピュータを構成するものの内、物理的実体のある部分を「ハードウェア」と呼びます。

これに対し、コンピュータプログラムやデータなど、それ自体は物理的な実体を伴わない要素のことを「ソフトウェア」と総称します。

ゲームにおける「ハード」

しかしゲームにおいて、ハードとソフトは、コンピュータのそれと少し意味が異なる使い方をしています。

まず、ゲームのソフトウェアは物理的実体をもちます。

そのイメージは、プレイステーションなどの「ハード」という箱のなかで、プログラムデータの入った「ソフト」は動くものです。どちらか一つが無いならばゲームは遊べません。

また、英語の「hard」には、「むずかしい、困難な」という意味があります。そこから、ゲームの難易度の表記に「ハード」あるいは「ハードモード」が使用するケースがあります。

「ハード」の他の使い方

ハードは、コンピュータやゲーム以外のシチェーションでも使用される言葉です。

例えば、ビジネスで使用する「ハード」には、施設や設備、機器、道具といった形ある要素のことを指して使われます。

一方、人材や技術、意識、情報といった無形の要素のことを「ソフト」と言います。

これについても、「ハード」と「ソフト」の関係は、「物理的実体か無形か」、「ハードという箱のなかでソフトが動く」というイメージで一致しています。

「ハード」の英語表現

ハードは英語で「Games console」もしくは「Gaming device」と表記します。

ファミコンやプレイステーションのようなゲーム機器は「Games console」が該当します。

しかしながら、より携帯性のあるゲーム機器は「console」ではなく、「Gaming device」と言います。例えば、PS VitaやニンテンドーDSなどがこれに該当します。

「ハード」の例文・用例

ハード

ハードを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●メーカーによっては、ハードのスペックにこだわります。
●彼は怒ってハードを叩き壊した。

SNSでの「ハード」の使われ方

「ハード」の類義語

ハードの類義語は、「本体」です。

「本体」とは、ゲームソフトを入れ込むゲーム機器を指して使われます。

「ハード」の対義語・反対語

ハードの対義語・反対語は、「ゲームソフト」です。

「ゲームソフト」とは、ゲームのプログラムのことです。カートリッジやDVD-ROMなどの各種記憶媒体によって供給されます。ゲームの面白さは、ゲームソフトによるところが大きいです。