「課金」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「課金」の意味とは

課金とは、ゲーム運営者が利用者に対して料金の支払いをさせること。あるいはゲーム利用者が運営者に対して料金を支払うことを指す言葉です。本来は「支払いを課する」という意味なので前者が正しいですが、誤用である後者の意味が一般的となっています。

「課金」を行う人の心理

ゲーム自体は無料で遊ぶことができますが、これに料金を支払うことで、特別なアイテムや欲しいキャラクターを手に入れることができ、ゲームを有利に進めることができるため、お金を使いたいと考える人が増えています。

「課金」によるトラブルの増加

最近は特にコロナ禍による外出自粛の影響で、子どもが親のクレジットカードを持ち出して知らぬ間に課金をしてしまうなどのトラブルが急増しており、対策が必要とされています。また、大人の場合もゲーム課金でトラブルの巻き込まれる人が増えています。特にゲーム内のアイテムを入手する為に有料ガチャを引くことを繰り返してゲームにのめり込んでしまう「課金依存症」の人が増えており、クレジットカードや携帯電話料金を滞納してしまうなどの事例があります。

主な「課金」方法

ゲーム運営側に対する支払方法で主なものは次の3種類です。

1. 通話料・通信料・使用料などに合算され、電話会社経由での支払い
2. クレジットカード会社経由での支払い
3. プリペイドカードでの支払い

1や2については、パスワードや暗証番号を入力しなければ決済できないようにしておき、それらについても子どもに知られないようにする必要があります。3の場合はある程度の現金しか持たせていなければ高額になることは防げますが、子ども自身がコンビニなどで購入しチャージができてしまうので注意が必要です。

「課金」の例文・用例

課金

課金を使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●子どもがスマホ操作を覚えちゃっていつの間にか課金してた!
●まさか自分が課金トラブルに巻き込まれるなんて!

SNSでの「課金」の使われ方

「課金」の類義語

課金の類義語はありませんでした。

「課金」の対義語・反意語

課金の対義語・反意語はありませんでした。