「ラスボス」とは?意味と例文が3秒でわかる!

2020-10-07

「ラスボス」の意味とは

ラスボスとは、ビデオゲーム、コンピュータゲームなどで、主人公を最後に待ち受ける最強の敵という意味です。
シューティングゲームやロールプレイングゲームでは、ゲームの最終目的がラスボスの討伐であることが一般的です。

たいていの場合、ラスボスの容姿は禍々しい、もしくは神々しいなどの威圧感を持っています。
神性を帯びている場合もあります。

また、ゲーム以外でも、ゲームのラスボスを思い起こさせるような、簡単には勝てそうにない相手に対しても使うことがあります。
キャラクターや人間だけではなく、解決が難しいと思われる仕事や諸問題を指す場合もあります。

「ラスボス」の語源

ラスボスの語源は、Last boss(ラストボス)です。

省略して「ラスボス」と呼ばれます。

「ボス」はゲーム内のステージやストーリーなどの節目で、先に進むために倒さなければならない敵のことを指します。

意味としては「Last」ではなく「Final」が正しいとの見解がありますが、すでに現在は和製英語として定着しています。

「ラスボス」の特徴

現実社会でも、「ラスボス」の雰囲気を持っている人や物ごとに対し、「ラスボス感がある」と表現することがあります。

「勝てる気がしない」「解決ができそうにない」ことを表します。

漫画・アニメ・ゲームの「ラスボス」

漫画・アニメ・ゲームなどで有名なラスボスをいくつかご紹介します。

鬼滅の刃」鬼舞辻無惨

作品に登場する鬼たちの始祖。彼の血は人間を鬼に変えることができ、さらに鬼に血を与えると鬼の力が増す。

鬼たちは全て彼の血から生まれており、鬼舞辻無惨は鬼たちを血の呪いで縛り統制している。

「NARUTO」大筒木カグヤ

忍の始祖とされ、六道仙人と呼ばれた伝説の僧侶、大筒木ハゴロモとその弟大筒木ハムラの母親。

かつて神樹に宿っていたチャクラの実を食べたことにより力を得て、乱世をおさめたとされる。

全ての忍のチャクラは、カグヤが手に入れたチャクラの力と考えられている。

「ドラゴンクエストⅢ」大魔王ゾーマ

RPGの人気シリーズ「ドラゴンクエスト」。

シリーズごとにラスボスがいますが、中でも人気なのが3作目の大魔王ゾーマ。

「○○○よ!なにゆえ もがき 生きるのか?
滅びこそ わがよろこび。死にゆくものこそ 美しい。
さあ わが腕の中で 息絶えるがよい!」

という名言を残している。

「ファイナルファンタジーⅦ」セフィロス

こちらもRPGの人気シリーズ「ファイナルファンタジー」のラスボスの一人。

英雄と呼ばれ、最強の兵士として活躍していたセフィロスですが、自分の出自を知ったことで豹変。

星の持つ莫大なエネルギーを自分のものにしようとし、主人公と対峙します。

凶悪な容姿のラスボスではなく、白い肌に長い銀髪、青い瞳を持つ長身のイケメン系ラスボス。

シリーズを超えて「キングダムハーツ」の裏ボスになるほど多方面から人気を集めている。

「ラスボス」以外のボスキャラクター

ラスボス以外にもいくつかボスキャラクターの種類が存在します。

中ボス

主にステージやストーリー中盤に登場するボスを指し、イベントなどで登場するボスやラスボスの初期、中期形態を指して使われることもあります。

小ボス、サブボス、英語ではMiddle boss(ミドルボス)と呼ばれています。

ラスボスを「大ボス」と呼ぶこともあるため、「中ボス」はそれに呼応した表現となっているが、大中小という意味のほかに「物語の途中、中盤」という意味も含まれています。

原則的に倒さなければ次のステージに進めないボスキャラクターを指し、ストーリー上重要なポジションまたは敵の幹部クラスも存在しますが、中には雑魚キャラクターでも中ボスの役割を与えられているケースもあります。

隠しボス

ラスボスや中ボスのほかに、ゲームの進行目的では倒す必要のない、もしくは出現予定のないボスキャラクターを「隠しボス」「裏ボス」「真ボス」と呼びます。

ラスボスと見せかけて最後の最後に出てきたり、ある一定条件を満たすと出てきたりと、ゲームによって出現条件やタイミングは異なります。

一般的にはラスボスが最強のボスと言われておりますが、隠しボスがラスボスを上回る強さを誇るゲームも多く存在します。

これらは開発側が、より高い難易度を求めるプレイヤーへの挑戦状として設定されたものや、ラスボスを簡単に倒せるくらいゲームをやりこみたいプレイヤーに向けて用意したものです。

隠しボスを倒すと通常手に入らないアイテムや能力をゲットできることもあります。

「ラスボス」の例文・用例

ラスボス

ラスボスを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●彼女の今日のいでたちは、まさにラスボス感に溢れているが言わないでおこうと思う。
●今日はこのラスボスをやっつけないと会社から帰れないから、飲み会はパスするね。

SNSでの「ラスボス」の使われ方

「ラスボス」の類義語

ラスボスの類義語は、「ヒール(英語:heel)」です。
意味は、「悪役」「敵役」です。
ラスボスほどの強さ、禍々しさを帯びてはいない言葉です。

「ラスボス」の対義語・反意語

ラスボスの対義語・反意語はありませんでした。