「スキップ」とは?意味と例文が3秒でわかる!

2021-06-03

「スキップ」の意味とは

スキップとは、軽く跳びながら進むといった動作を示す場合や、飛ばす・特定の箇所を飛ばして先に進むという意味で使われます。
スポーツのカーリングにおいては、キャプテンを指します。

 

ゲーム用語に近い表現としては「飛ばす」といった意味で使われます。録画した番組を再生するときに見たい場面まで移動させるといった場合に「スキップ」すると表現します。
具体的には、先に進ませるといった意味があります。「スキップ」することによって、見たいシーンまで一瞬で画面が切り替えることができます。
近年ではYouTubeの話題として使われることが多いので、おぼえておくと便利です。
日常生活においても比較的よく使われるといったところも特徴の言葉です。

また、ゲームにおいても「スキップ機能」といったものがあります。
ゲームの途中に難局な面があり、先に進めなくなった場合にそのシーンを飛ばして先に進むといった機能です。初心者向けの機能として盛り込まれているゲームソフトもあります。

「スキップ」の語源

スキップの語源は、英語の「Skip」です。
カタカナ語の「スキップ」と同じ意味で使われますが、英語の「Skip」のほうが動作を表わす意味合いが強くなっています。

「Skip」の意味に含まれるが「スキップ」では使われない表現のひとつに「話題を変える」場合が挙げられます。

「スキップ」がよく使われるサービス

近年若者の用語として「スキップ」という言葉が聞かれるようになった代表的なサービスは、YouTubeでです。
見たいシーンまでスキップすることや広告をスキップするといった感じで使われます。

「スキップ」の例文・用例

スキップ

スキップを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●この動画は昨日途中まで見たので、続きから見たいのでスキップしよう。
●苦手なゲームだからスキップ機能を使う。簡単にクリアできそうだ。

SNSでの「スキップ」の使われ方

「スキップ」の類義語

スキップの類義語は、「ジャンプ」です。
「ジャンプ」の意味は、両足で跳ぶといった動作を表わす場合や飛ばすといった「スキップ」と同じ意味を示す場合とがあります。
使い方の例として「気になるシーンにジャンプする」などといった使い方をします。

「スキップ」の対義語・反意語

スキップの対義語・反意語はありませんでした。
スキップをしたくないといったときには、そのまま「スキップしないで」といった表現がされます。