「ゆとり」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「ゆとり」の意味とは

ゆとりとは、物事に余裕があること、窮屈でないことという意味です。
または、ゆとり教育を受けた世代のことを言います。

「ゆとり」世代とは

「ゆとり世代」とは、1987年~2004年頃に生まれ、教育を受けた世代のことです。
それまでは「詰め込み教育」が実施されていましたが、のちに受験戦争やと落ちこぼれへの対策として、学習時間を減少する形で学習指導要領が改定されました。
余った時間を教科の枠に縛られず、「生きる力を育成する」というコンセプトに基づいて総合的な学習に当てました。
この教育を受けた世代が、ゆとり世代と呼ばれています。
結果として、学力の低下が指摘されることとなりました。

「ゆとり」世代の特徴

ゆとり世代には以下のような特徴がみられると言われています。
あくまで一例であり、全ての人に当てはまるわけではないので、十把一絡げにしないよう注意が必要です。

競争意識が低い

ゆとり教育では、競争をさせることに対し否定的だったため、競争意識が低いと言われています。

ストレスへの体制が低い

ゆとり世代は叱られ慣れていないため、ちょっとしたことで傷つき、退社してしまうこともあります。

指示待ちの方が多い

競争意識が低いため、進んで仕事をしようとしません。

プライベート重視

仕事への意識が低いため、忙しい時もプライベートを重視しようとします。

「ゆとり」世代の長所

また、ゆとり世代には以下のような長所もあります。

言われたことはきっちりこなす

いわゆる指示待ちでも、指示のあったことに対して満足度の高い仕事をこなします。

電子機器の操作・情報収集に強い

世代的に小中学校のうちから携帯電話やパソコンを使っていたため、現代の企業戦略の軸になるSNSなどにも大変詳しい世代です。
会社にとって大きな戦力になります。

柔軟な発想力

詰め込み型の教育をしなかった世代は、自由に物事を考えられる特性を持っています。
従来のやり方や固定観念に縛られることなく、自由な発想でアイディアを提案します。

「ゆとり」の例文・用例

ゆとり

ゆとりを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●うちの課長って、すぐ「ゆとり世代は…」って言うからムカつく。
ゆとりってそんなに悪いことかね?

例文を2つお願いいたします。

SNSでの「ゆとり」の使われ方

「ゆとり」の類義語

ゆとりの類義語は、「ゆとり社員」です。
意味は、ゆとり世代をの影響を受けて育った社員のことです。

「ゆとり」の対義語・反意語

ゆとりの対義語・反意語はありませんでした。