「前盛り」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「前盛り」の意味とは

前盛りとは、料理を引き立てるため、メインの食材の手前に添えるものという意味です。

「前盛り」の特徴

シンプルな日本料理では、素材を引き立てるため盛り付けに様々な工夫がなされます。
「前盛り」もそのひとつで、主役である料理を引き立てるために手前側に添えられます。
器とのバランスを見て、右前よりに置かれることもあれば、手前中央に置かれる場合もあります。
西洋料理の場合は、ステーキなどの付け合わせである人参やブロッコリー、マッシュポテトといったものはお皿の奥に置かれるのが一般的ですが、日本料理の場合は手前を小さく、奥を大きく盛るのが基本とされています。

「前盛り」の具体例

焼き魚などによく添えられているピンク色の細長いしょうがは、葉しょうがを甘酢につけたもので「筆しょうが」と呼ばれます。彩りだけでなく、口の中をさっぱりと整える役割も果たします。同様に焼き魚や天ぷらに添えられる大根おろし、レモンやすだちといった柑橘類、お刺身などに添えられている「穂じそ」といったものも前盛りになります。
特に大根おろしなどは、口直しだけでなく胃腸の状態を整え、食欲増進といった役割も担っています。

「前盛り」の例文・用例

前盛り

前盛りを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●焼き魚やお刺身の前盛りは、単なる飾りじゃなくて味も計算されているから、食べた方が楽しめるよ。
●みょうがの甘酢漬けや、佃煮なんかも前盛りとして添えられていることがあるね。

SNSでの「前盛り」の使われ方

「前盛り」の類義語

前盛りの類義語は、「添え」「あしらい」です。
どちらも、主役の料理を引き立たせるために一緒に盛り付けられる食材やその盛り付けそのもののことを言います。添えるもの全般を表すため、前盛りは「添え」「あしらい」の一種ということになります。

「前盛り」の対義語・反意語

前盛りの対義語・反意語はありませんでした。