「DM」とは?意味と例文が3秒でわかる!

2020-08-24

「DM」の意味とは

DMとは、ダイレクトメール又はダイレクトメッセージという意味です。

「ダイレクトメール」としてのDM

ダイレクトメールという意味では、個人や法人宛に商品案内やPRのためのパンフレットやカタログを郵便やメールで送付するマーケティング手法を指します。

「ダイレクトメッセージ」としてのDM

ダイレクトメッセージという意味では、TwitterやInstagramなどのSNSで直接フォロワーとやりとりすることを指します。

プライバシーに関わる内容をやりとりする際に利用されます。

「DM」の普及の背景

現在では、上記「DM」とは②のダイレクトメッセージの意味で使われることが主流となっています。

理由としては、様々なSNSツールの普及が進んでいるため、若者の中ではDM=ダイレクトメッセージというイメージが定着しているためです。

「DM」の利用時の注意点

近年SNSの利用の仕方、発言については、議論されていますが、DMでも同じことが言えます。

相手がどう思うか、不快な思いをさせないかを考えて内容を送らなければいけません。

SNSによっては一度送ったメッセージは削除ができないため、取り返しのつかないことに発展してしまう可能性もあります。

また、最近では悪質なスパムメッセージを送り、メールアドレスなど個人情報を搾取するという例も多くあります。

不用意に返信しない、個人情報を送らないという意識を持つことも重要です。

「DM」を利用する理由

第三者には非公開のやりとりができるため、フォローしている友人や身内とプライベートな会話を楽しむために利用されています。

芸能人やインフルエンサーへの質問や応援メッセージを送るために利用している人も多い印象です。

また、現在ではSNSマーケティングが主流となってるため、PR依頼などのビジネス的やりとりにも頻繁に使われています。

「DM」の例文・用例

DM

DMを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●芸能人からDMの返信がきた。
DMで久しぶりの友人から連絡がきた。

SNSでの「DM」の使われ方

「DM」の類義語

DMの類義語は、ありませんでした。

「DM」の対義語・反意語

DMの対義語は、ありませんでした。