「DQN」とは?意味と例文が3秒でわかる!

2020-05-08

「DQN」の意味とは

DQNとは、 ヤンキーっぽい頭の悪そうな人たちという意味です。

DQNは意味の表す通りで、侮蔑の意味を含んだネットスラングとなっています。

「ドキュン」と読み、かなり特殊な読み方になります。

また「ヤンキーっぽい」という点がポイントで、ヤンキーでなくても態度の悪い人や常識の無い人も含まれています。

「DQN」の語源

DQNの語源は、番組名です。

その番組とは「目撃!ドキュン!」という番組で、ここには頭の悪そうなヤンキー風な人たちが多く出ていました。

いつしか頭の悪そうなヤンキーと、番組名にあるドキュンが結び付き2ちゃんねるで、ドキュンに出ているような、頭の悪そうな常識の無いヤンキーという意味として使われ始めました。

そして2ちゃんねるではあるあるですが、単語が略されて「DQN」となり更に広まっていったという訳です。

ヤンキー風、頭の悪そうな、態度の悪い、常識の無いなどの人たちを一言で表せる単語のため使い勝手の良い言葉となります。

さらには説明し難い馬鹿を形容することもできるとあって、2ちゃんねるどころかネットを飛び出して世間に広く浸透していきました。

「DQN」のその他について

DQNは、単体以外の使い方や別の意味を持った単語です。

上記までの説明の通り、DQNは単体で使うことの多い単語となっています。

しかし、他の言葉と組み合わせて「DQN〇〇」として使われています。

その代表的な例を、2点挙げますので以下で確認をしてみてください。

DQNネーム

いわゆるキラキラネームのことです。
到底読めないような名前や、一般常識からかけ離れた名前のことを指しています。

DQN車

やたらカスタマイズされている車を指しています。
いかにもDQNが乗っていそうな車というニュアンスです。

Googleの人工知能の名称としてのDQN

それ以外では全く異なる意味として、Googleの人工知能の名前でもあります。

上記までのDQNとは全く関係なく、2015年に発表された画期的なAIです。

こちらはヤンキーなどを表すものと全く関係が無いので、混同しないよう注意しましょう。

「DQN」の例文・用例

DQN

DQNを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●毎週決まった曜日に来るDQN 客には本当に迷惑している。
●田舎者だろうが都会の人間だろうがDQNってだけでクソださいわ。

SNSでの「DQN」の使われ方

「DQN」の類義語

DQNの類義語は、「ヤンキー、社会のクズ」です。
意味は、迷惑を掛けるような人たちです。

頭が悪そうなヤンキーというだけではなく、態度や素行が悪く他人に迷惑をかける連中といったニュアンスがDQNには含まれています。

そのためヤンキーだけではなく、社会的に迷惑といった意味合いを込めたら社会のクズなどが類義語として挙げられるでしょう。

非常識などといった意味合いも、こうした他人に迷惑を掛けるというニュアンスが含まれていることがポイントなのです。

「DQN」の対義語・反意語

DQNの対義語は、「常識人」です。
意味は、マナーやルールを守れる人です。

DQNはヤンキー風であり、常識が無いことで他人に迷惑を賭けるような(掛けそうな)人たちを指していました。

そのため対義語には、常識がある人を表す常識人が挙げられます。