「ファンクルセク座」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「ファンクルセク座」の意味とは

ファンクルセク座とは、韓国で日本の政治家小泉進次郎氏の別名として流行している言葉です。

「ファンクルセク座」の語源

ファンクルセク座は以下のようにして生まれました。

펀→Fun(ファン)
쿨→Cool(クール)
섹시→Sexy(セクシー)
좌→座
です。

最初の3つまでは英単語が語源になっていますが、4文字目の「座」は韓国語のネットスラングです。
相手を崇拝する時に使う言葉「座」が付けられたようです。
この「座」には元になる「本座」という言葉があり、中国のドラマ「西遊記」の中でお釈迦様の台詞に出てきたことから流行しました。
「本座」とは韓国の一人称で、自分を呼ぶときに使ったり、目下の人の前で自身を上げて指す時に使う単語です。

「ファンクルセク座」の普及の背景

2019年に小泉進次郎氏が環境省に就任した直後、国連の場で日本代表として気候変動問題について意見を述べた際に、「気候変動問題は、Fun(ファン)で、Cool(クール)でSexy(セクシー)に対処していかなければならない」と発言したことが韓国での流行のきっかけとなりました。
韓国流行語大賞の最終候補となったそうです。

「ファンクルセク座」の利用時の注意点

ファンクルセク座は、日本では特別流行していない言葉のため、見かけることがあっても理解にとどめて口にはしない方が良いでしょう。

「ファンクルセク座」の例文・用例

ファンクルセク座

ファンクルセク座を使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●韓国で流行語大賞の最終候補になってったいうファンクルセク座って何のことかと思ったら…日本絡んでたのね。
ファンクルセク座って、実際に言ってる人っているのかなあ。

SNSでの「ファンクルセク座」の使われ方

「ファンクルセク座」の類義語

ファンクルセク座の類義語はありませんでした。

「ファンクルセク座」の対義語・反意語

ファンクルセク座の対義語・反意語はありませんでした。