「リベンジポルノ」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「リベンジポルノ」の意味とは

リベンジポルノとは、別れた元配偶者や元交際相手への復讐として、相手の私的な性的画像や動画などをインターネットなどを通じて不特定多数に向けて公開する行為のことです。

「リベンジポルノ」の概要

リベンジポルノは、一度は親密な間柄にあった相手から拒絶されたことへの「復讐(リベンジ)」や「嫌がらせ」が主な動機であるケースが多いです。
相手の性的な画像や動画をインターネットの掲示板やSNSなどに投稿することで不特定多数の人の目に晒されることになり、被害を受けた側は精神的なダメージを受けることになります。

近年リベンジポルノが増加している背景として、スマートフォンなどで誰でも写真や動画を撮影でき、さらにそのままインターネットで簡単に公開できるという点が挙げられます。

「リベンジポルノ」と法律

2013年、女性が元交際相手からのストーカー被害に遭い、殺害される事件が起きました。この加害者は被害女性の私的な性的な画像や動画をインターネット上で拡散したことが判明し、リベンジポルノという問題が浮き彫りになりました。
当時はまだ、このような被害に対する法律としては「わいせつ物頒布等の罪」や「名誉毀損罪」などで対処するしかなかったのですが、この事件をきっかけに「リベンジポルノ防止法(正式名称:私事性的画像記録の提供等による被害の防止に関する法律)」が制定されました。
「私的な性的画像とはどのようなものか」ということも明確に定められ、以下のような罰則があります。

公表罪
第三者が撮影対象者を特定できる方法で、私事性的画像記録(物)を不特定若しくは多数の者に提供し、又は公然と陳列した者
⇒ 3年以下の懲役又は50万円以下の罰金

公表目的提供罪
公表させる目的で、私事性的画像記録(物)を提供した者
⇒ 1年以下の懲役又は30万円以下の罰金

引用:https://www.npa.go.jp/safetylife/seianki/shiseigazouboushi/

「リベンジポルノ」に遭遇してしまった時の対処法

万が一リベンジポルノの被害にあった場合、まずは早急に画像を削除して拡散を食い止める必要があります。
画像はインターネットプロバイダーや管理者などを通じて削除を申請することができます。
また、早めに警察へ相談することも重要です。

このような被害に合わないために

  • そのような画像や動画を安易に撮らせない
  • 「こういう画像を送って」などと言われてもハッキリと断る
  • 公表されていなくても「公表するぞ」などの脅しがあればすぐに警察に相談する

などのことが大切です。SNSなどで知り合った顔の知らない相手だけでなく、仲の良い交際相手でも安易にそのような画像を保存させないようにしましょう。

「リベンジポルノ」の例文・用例

リベンジポルノ

リベンジポルノを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●このご時世、娘がリベンジポルノに合わないようにネットリテラシーについてはちゃんと教えていきたい。
リベンジポルノは、復讐だけでなく金銭目的の場合もあるから気をつけてね。

SNSでの「リベンジポルノ」の使われ方

「リベンジポルノ」の類義語

リベンジポルノの類義語は、「復讐ポルノ」です。
こちらもリベンジポルノと同義で使われることがあります。

「リベンジポルノ」の対義語・反意語

リベンジポルノの対義語・反意語はありませんでした。