「ロイホ」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「ロイホ」の意味とは

ロイホとは、ファミリーレストランの大手フランチャイズ「ロイヤルホスト」を略したものです。
1950年に持株会社ロイヤルホールディングスとして福岡にロイヤルホスト1号店がオープンしました。

こだわりぬいた食材と、お客様第一のサービスを目指し、全国展開を図り、全国に300店舗を買展開するまでに成長しました。
その後、2002年以降は採算の取れない店舗は閉店の方針を固めます。現在も店舗数は減少傾向にあります。

ロイヤルホスト以外では、ステーキやハンバーグを中心に提供する「カウボーイ家族」を展開しています。
また、現在はJR東日本系列となっていますが、Becker’s もロイヤルホールディングスが創業しました。

「ロイホ」の企業情報

本社所在地 〒154-8584
東京都世田谷区桜新町一丁目34番6号
設立 2007年 (平成19年)8月
業種 小売業
法人番号 8010901020897
事業内容 ホスピタリティ・レストラン「ロイヤルホスト」「カウボーイ家族」等の運営
代表者 佐々木徳久(代表取締役社長)
主要株主 ロイヤルホールディングス株式会社 100%
公式サイト https://www.royalhost.jp/

「ロイホ」の株主優待が人気

ロイホの株式を保有していると、6月と12月に株主優待がもらえます。

株式の保有数によって優待内容が変わり、以下のようになっています。

必要株数 優待内容 備考
100株以上 500円相当(年間 1,000円相当) 1枚:500円券
※1、一回の購入で同時に何枚でも使用可能。
※2、クリスマスケーキ等の予約販売商品等一部利用不可の商品がある。
※3、釣銭・領収証はでない。
※4、各種ポイントカードのポイント付与は対象外とする。
※5、他の割引券・優待券・サービス券等(いずれか1枚限り)と同時に利用できる。
500株以上 5,000円相当(年間 10,000円相当)
1000株以上 12,000円相当(年間 24,000円相当)

「ロイホ」の語源

ロイホの語源は、「ロイヤルホスト」を縮めた言葉です。

「ロイホ」の特徴

ロイヤルホストでは、ひとつひとつのメニューに対しこだわりの食材を使用しており、お客様が満足するメニューを多数提供しています。
また、家族連れで居心地の良い空間を作っています。

「ロイホ」の例文・用例

ロイホ

ロイホを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●今日からロイホのメニュー新しくなるらしいよ!
●今日はロイホで宿題やることになったからおいでよ。

SNSでの「ロイホ」の使われ方

「ロイホ」の類義語

ロイホの類義語はありませんでした。

「ロイホ」の対義語・反意語

ロイホの対義語・反意語はありませんでした。