「w」とは?意味と例文が3秒でわかる!

2020-06-14

「w」の意味とは

とは、笑っているようすを表すネットスラングです。

主にSNSやメール、オンラインゲームでよく使用されます。

「わら」と読みますが、笑っている雰囲気を出すためのものなので、通常は文字として読みません。

意味合いは「(笑)」と同じで、「まじかw」「面白すぎるwww」というように、文末につけることで相手に自分が笑っているようすやウケていることを連想させます。

ただの(笑)と比べ、かなりくだけた印象であるため、嘲笑のニュアンスも少し強めです。

なのでwを多用すると少し頭が悪そうと思われたり、相手を怒らせてしまったりすることもあります。

「w」の語源

wの語源は、「(笑)」です。

日本語が使えない英語版のネットゲームで(笑)と表現するために「(warai)」と入力していました。

しかし文字数が多くタイピングすることが手間だったため、「(w)」と略されるようになり、その後ニコニコ動画などで笑いの度合いを(w)の数で表すようになりました。

「w」のレベル

wは「ww」や「www」のように繋げることで、笑いの大きさや程度を表すことができます。

どれくらい繋げるかによって印象が変わったり、様々な言い換え表現があります。

一つだけの場合、ふふっと笑う程度の印象になります。

前にくる言葉によっては鼻で笑っているようなニュアンスにもなります。

wは見た目が草に似ていることから「草」と呼ばれたり、後述しますが、連続させると芝生のようにも見えるため「芝」と呼ばれたりしています。

連続せず一つだけのwは単体の芝生なので「単芝」といいます。

ちなみに、文章を書かずにwだけで終わらす場合も単芝になります。

wは、多く使う程に面白いということになるため、単芝を使うと「煽っている」「ノリが悪い」と誤解されたり相手に良い印象を与えなかったりしますので、注意が必要です。

www

数が増えてくると、堪えきれず声に出して笑っているようなニュアンスです。

一般に3〜5個程度連続させることが多いです。

「草」が沢山あり、茂っているようすに見えるため「草原」とも呼ばれます。

また「笑ってしまうに決まっている」「笑わずにはいられない」という意味で「草原不可避」と言うこともあります。

wwwwwwwwwwwwww

このようなとてつもない長さで使うと、大爆笑、笑いが止まらないという意味になります。

草が沢山あるようすに見えるため「大草原」「芝生」と呼ばれます。

そしてこちらは「草原不可避」より笑いの度合いが大きいため「大草原不可避」となります。

大草原のさらに上のレベルには「竹」「森」「山」「アマゾン」などがあります。

「w」の例文・用例

w

wを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●ちょwwwやめれwwwwwwwwww
●出会い系サイトに旦那いたわwww

SNSでの「w」の使われ方

「w」の類義語

wの類義語は「(藁)」、「lol」です。

(藁)とは、笑いという意味です。

本来は「稲や麦の茎を乾燥させたもの」のことですが、(笑)と読み方が同じことから置き換えられるようになりました。

lolとは、「laughing out loud」の略で、直訳は「大声を出して笑う」という意味です。

つまり英語圏で使うwや(笑)のようなものです。

小文字だけで「lol」とする他、「Lol」「LOL」と大文字を用いた表記もされます。

「wwww」のように「lolololo」と連続で打つと大爆笑の意味になります。

「w」の対義語・反意語

wの対義語・反意語はありませんでした。