「コントロールカラー」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「コントロールカラー」の意味とは

コントロールカラーとは、くすみや赤みといった肌の色を補正するためのベースメイクアイテムです。

「コントロールカラー」の特徴

ベースメイクではスキンケアの後に化粧下地、ファンデーションと重ねていくのが一般的です。ファンデーションは肌の色に近いベージュなどの色味となっていますが、コントロールカラーはグリーンやパープル、ピンクなどの様々な色が展開され、肌の色に関する悩みに合わせて使うことができます。
チューブ、スティック、クッションなど形状にもいくつか種類があり、ファンデーションの前に仕込む使い方が主流です。ファンデーションを厚塗りして誤魔化すよりも、自然に仕上がるのが特徴です。また、化粧下地とコントロールカラーが一体になったタイプも販売されています。

「コントロールカラー」を肌悩みに合わせるために

コントロールカラーは、肌の悩みに合わせて色を使い分けることができます。
代表的な肌の悩みとそれに合った色は以下のようになっています。

小鼻などの赤み

小鼻の周りやニキビ跡が赤くなったり、肌が薄く赤みが出やすい場合はグリーンやイエローを部分的に使います。

くすみ

くすみは、元の肌色やくすみの色によって合うコントロールカラーが変わってきます。
よく使われるのがパープルで、自然にトーンアップしてくれます。
その他にも、元々が黄色寄りの肌の色であればイエローを使ったり、茶色いくすみにはオレンジを、黄色いくすみにはブルーを使うことが多いです。

顔色が悪い

血色感を出したい場合は、ピンク系のコントロールカラーを使うと明るい透明感が出ます。

クマ、シミ、そばかす

目の下のクマやシミにはコンシーラーを使うことが多いですが、コントローラーで目立たなくすることもできます。コンシーラーやファンデーションを厚塗りしなくて済むというメリットがあります。

「コントロールカラー」の例文・用例

コントロールカラー

コントロールカラーを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●冬になるとほっぺ赤くなっちゃうから緑のコントロールカラーを使ってるよ。
●パープルのコントロールカラーを仕込むと透明感が違うな~!!

SNSでの「コントロールカラー」の使われ方

「コントロールカラー」の類義語

コントロールカラーの類義語はありませんでした。

「コントロールカラー」の対義語・反意語

コントロールカラーの対義語・反意語はありませんでした。