「グラッセ」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「グラッセ」の意味とは

グラッセとは、野菜をバターや砂糖を加えた水で煮たり、お菓子の表面に砂糖液をかけたりして、素材をツヤのある仕上がりにする、フランス料理の調理法という意味です。

ニンジンなどの野菜をバターで甘く煮詰めてツヤを出すのが一般的です。

「グラッセ」の語源

グラッセの語源は、フランス語の「glace」です。「氷」を意味する語で、「冷やした」料理や「糖衣(砂糖液)をつけた」料理、「光沢をつけた」料理に対して用いられます。

「グラッセ」の特徴

料理で、焼き色をつける、つやをつけて煮る、糖衣をかける、凍らせるなどの調理を施したものをさします。

「ニンジンのグラッセ」や「マロングラッセ」が有名です。

「グラッセ」のレシピ

ニンジンのグラッセのレシピを紹介します。
・材料 ニンジン 200g、バター(バター風味マーガリンでも可)、砂糖 大さじ1、塩 小さじ3分の1、水 適量
・作り方
1 ニンジンを食べやすい大きさに切る。その際、煮崩れ防止のために面取りをする。
2 鍋にニンジンを入れ、ニンジンがかぶるくらいの水と砂糖、塩を入れて煮込みます。
3 煮汁を飛ばし、バターを加えて煮からめたら完成。

「グラッセ」の英語表現

英語では「glaze ○○ with butter and sugar」と表現します。
―She glazes carrots with butter and sugar.(彼女はニンジンをグラッセにする。)

「グラッセ」の例文・用例

グラッセ

グラッセを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●カフェでマロングラッセを食べた。
●ハンバーグの付け合わせに、ニンジンのグラッセを作った。

SNSでの「グラッセ」の使われ方

「グラッセ」の類義語

グラッセの類義語はありませんでした。

「グラッセ」の対義語・反意語

グラッセの対義語・反意語はありませんでした。