「キッシュ」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「キッシュ」の意味とは

キッシュとは、パイ生地やタルト生地に野菜などを混ぜた卵液を流しいれて焼き上げるフランスの家庭料理です。

「キッシュ」の作り方

キッシュはフランスのアルザス=ロレーヌ地方発祥の家庭料理です。
器状にしたパイ生地やタルト生地の中に、炒めた野菜やベーコン、チーズ、生クリームといった具材を混ぜた卵液(アパレイユ)を流し入れ、オーブンで20~30分ほど焼き上げて作ります。
ケーキのような華やかな見た目から前菜としてパーティなどで提供されることも多く、温かくても冷めても美味しく食べることができます。外生地のサクサク感と中のしっとりとした食感が楽しめる世界的にも人気の高い料理となっており、日本にも多くの専門店が存在します。また、デパ地下などでも気軽に購入することができます。

「キッシュ」の具材

卵・クリーム・ベーコンの入ったオーソドックスなキッシュは、その発祥の地から「キッシュ・ロレーヌ」と呼ばれています。
他にも様々な具材のバリエーションがあり、代表的なものとしては「ほうれん草」「アスパラガス」「じゃがいも」「きのこ」「ひき肉」「プチトマト」「サーモン」といった食材が挙げられます。
一般家庭でも、冷凍パイシートなどを使うことで手軽に作ることができます。

「キッシュ」の例文・用例

キッシュ

キッシュを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●サーモンとほうれん草のキッシュは定番で美味しいよね。
キッシュ好きだから、家でも作ってみようかな。

SNSでの「キッシュ」の使われ方

「キッシュ」の類義語

キッシュの類義語は、「タルト」「パイ」「ケークサレ」です。
「タルト」は、パートシュクレと呼ばれるクッキー風の生地に、クリームやフルーツといったものを乗せたお菓子のことです。「パイ」は広義ではキッシュやタルトのことも含む言葉で、小麦粉やバターで出来た生地を使った包み焼き全般のことを指します。
「ケークサレ」は、塩味をベースに野菜などの具材が入った「おかずケーキ」のことです。

「キッシュ」の対義語・反意語

キッシュの対義語は・反意語はありませんでした。