「メガミリオンズ」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「メガミリオンズ」の意味とは

メガミリオンズとは、アメリカ合衆国で販売されている数字選択式の宝くじのことです。

「メガミリオンズ」の概要

メガミリオンズは1996年にアメリカの一部の州で販売が開始されたのが始まりです。
当時は「ザ・ビッグゲーム」という名称でしたが、2002年に「メガミリオンズ」という名称に変わりました。

その後、販売の規模が拡大し、現在ではアメリカ44州において販売されています。日本国内では購入することができません。アメリカ東部時間の毎週火曜日と金曜日に抽選が行われています。
1等の配当金は最低4000万ドルですが、当選者が不在の場合は次回に繰り越され、上限金額はありません。
過去の最高当選金額は2018年10月に出た15億3700万ドル(日本円で約1720億円)となっています。

「メガミリオンズ」のルール

「白ボール」と呼ばれる1~70までの数字から異なる数字を5個と、「メガボール」と呼ばれる1~25までの数字から1個の数字を選択します。抽選で選ばれた数字と一致した数と組み合わせによって当選順位が決まり、全てが一致する大当たり(1等)のことを「ジャックポット」と呼んでいます。

「メガミリオンズ」の当選条件

メガミリオンズは一致した数字の組み合わせによって1等~9等までの当選等級が用意されており、繰越や当選数によって賞金は変動します。各等級の当選条件は以下の通りです。

当選順位 当選条件(一致の組み合わせ) 平均獲得賞金
1等 白ボール5個+メガボール 4953万ドル(約52億円)
2等 白ボール5個 100万ドル(約1億円)
3等 白ボール4個+メガボール 1万ドル(約100万円)
4等 白ボール4個 500ドル(約5万円)
5等 白ボール3個+メガボール 200ドル(約2万円)
6等 白ボール3個 10ドル(約1000円)
7等 白ボール2個+メガボール 10ドル(約1000円)
8等 白ボール1個+メガボール 4ドル(約400円)
9等 メガボール 2ドル(約200円)

「メガミリオンズ」の例文・用例

メガミリオンズ

メガミリオンズを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●アメリカに行ったらメガミリオンズを購入したい!
メガミリオンズの当選金額は日本の宝くじとは桁違いだね。

SNSでの「メガミリオンズ」の使われ方

「メガミリオンズ」の類義語

メガミリオンズの類義語はありませんでした。

「メガミリオンズ」の対義語・反意語

メガミリオンズの対義語・反意語はありませんでした。