「プレスト」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「プレスト」の意味とは

プレストとは、急速にという意味の演奏記号です。

「プレスト」の語源

プレストの語源は、イタリア語の「presto」 です。
「すぐに、ただちに、早速」といった意味があり、急激に演奏の速度を上げる際の指示として使われています。

「プレスト」の特徴

プレストは楽譜に沿って演奏する上で欠かせない「速度記号」に分類されます。
どのくらいの速度で演奏するのかを指示する記号で、非常に細かく分かれています。

プレストはその中でもかなり速い方になります。楽典や音楽教本によってテンポの解釈には差がありますが、例えば「ラルゴ(largo)」という「幅広く、ゆるやかに」という意味の速度記号は、おおよそ♩=40~50くらいのテンポであるのに対し、プレストは♩=176~192ほどとなっています。
同じく速いテンポで演奏する「アレグロ(allegro)」や「ヴィヴァーチェ(vivace)」よりも速く演奏することになります。

「プレスト」の例文・用例

プレスト

プレストを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●ずっとゆっくり演奏するのかと思いきや、ここでプレストが入るんだね。ここで速度を上げつつガラっと雰囲気を変えよう。
●バイオリンでこのプレストだらけの曲を演奏するなんて、超絶技巧だな…!

SNSでの「プレスト」の使われ方

「プレスト」の類義語

プレストの類義語は、「プレスティッシモ(prestissimo)」です。
プレストよりできる限り速くという意味の演奏記号です。
「-issimo」という接尾辞は、イタリア語の「絶対的最上級」と呼ばれる形容詞で、「非常に」という強調の意味で使われます。プレストと同じく「急速に」という指示になりますが、プレストよりももっと急激にテンポを上げる際に使われています。

「プレスト」の対義語・反意語

プレストの対義語は、「ラルゴ」です。
幅広く、ゆるやかにという意味を表す速度記号です。
「遅い、ゆったりとしたテンポ」の代名詞的な記号でもあります。