「ライトユーザー」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「ライトユーザー」の意味とは

ライトユーザーとは、ゲームやスマートフォン等の利用時間が平均かそれよりも少ないユーザーという意味です。

「ライトユーザー」の特徴

ゲームにおいて「ライトユーザー」であるかどうかは、様々な側面から判断することができます。
そもそも「ゲーム」というジャンルにあまり触れていなく、たまに話題のゲームをダウンロードして楽しんでいたりするという人達もこれにあたります。

あるゲームタイトル(またはジャンルやシリーズ)のプレイ時間がそのタイトルの平均もしくはそれより少ないユーザーを指すことも多いです。近年のゲームでは昔と違い、総プレイ時間を表示する機能があるためよりハッキリと自分がどのくらいプレイしているのかがわかります。
また、ソーシャルゲーム等では課金の有無やその金額も、ライトユーザーであるかどうかの重要な指標となります。

パソコンやスマートフォンにおけるライトユーザーには、利用時間が短い、あまり操作に精通していない、複雑な機能は使わず最低限の利用方法のみを選択しているといった特徴が挙げられます。

「ライトユーザー」と「ヘビーユーザー」

元々、ライトユーザーという言葉は「ヘビーユーザー」と区別するために生まれた和製英語です。ヘビーユーザーとは、ゲーム等の利用時間が長く、操作やルールなどにも精通している人を指します。
マーケティングではしばしば、この二つの概念を区別し、比較しながらアプローチについて議論されることが多いです。

例えばゲームなどではヘビーユーザーを中心に難易度やルールを設定すると、市場に占める割合が多いとされるライトユーザーは離れてしまいます。
しかし、ライトユーザーばかりを意識すると今度はヘビーユーザーが愛想を尽かしてしまい、ソーシャルゲーム等の場合では課金する人がいなくなるという事態もありえます。
そのため、どちらもバランスよく意識したアプローチが大切さとされています。

「ライトユーザー」の例文・用例

ライトユーザー

ライトユーザーを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●僕はこのジャンルのライトユーザーだからあんまり詳しくないんだよね。
●最近ライトユーザー向けのアップデート多い気がしない?

SNSでの「ライトユーザー」の使われ方

「ライトユーザー」の類義語

ライトユーザーの類義語は、「カジュアルユーザー」です。
こちらもライトユーザーと同義で使われます。
「ライトユーザー」は和製英語ですが、「カジュアルユーザー」は正式な英語です。

「ライトユーザー」の対義語・反意語

ライトユーザーの対義語は、「ヘビーユーザー」です。
制作者の想定している利用時間などを越えて利用するユーザーのことです。