「ソルベ」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「ソルベ」の意味とは

ソルベとは、フランスの冷菓で、果汁やリキュールなどを凍らせてつくったもののことです。

「ソルベ」の語源

ソルベはフランス語の「sorbet」からきていますが、語源はアラビア語の「シャルバート」です。果物などから採れたシロップを水で薄め、雪や砕いた氷を入れて冷やした飲み物のことを指します。
そこから、フランスでも果汁などから作られた冷菓のことをシャルバートから派生した「ソルベ」という言葉で呼ぶようになりました。

「ソルベ」の特徴

ソルベは果汁やシロップの他、リキュールやシャンパンといったアルコールを加えて作られることもあります。かき混ぜながらみぞれ状に軽く凍らせているので、口に入れるとシャリシャリした食感の後すぐに溶けます。

フランスのコース料理では、デザートだけでなく途中のお口直しとしても提供されます。柑橘系や季節のフルーツがよく使われ、さっぱりとしたリキュールが加えられることも多いです。

「ソルベ」に似た冷菓

ソルベと混同されやすい冷菓をご紹介します。

シャーベット

シャーベットは、同じアラビア語の「シャルバート」から英語に派生した言葉になります。
ソルベとの違いは、果汁の他に牛乳、卵白、ゼラチンなどの乳脂肪分が含まれている点です。

グラニテ

こちらもフランスの冷菓で、ソルベ同様に乳脂肪分は含まれていません。
ソルベよりもかき氷のように氷の粒が大きく、食べ応えがあります。

ジェラート

ジェラートはイタリア語で、凍ったお菓子全般のことをいいます。
シャーベットにさらに乳脂肪分を加えていますが、一般的にアイスクリームよりは控えめになっています。果汁だけでなく、コーヒーやチョコレートなどもフレーバーとして用いられます。

「ソルベ」の例文・用例

ソルベ

ソルベを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●梨のソルベおいしい~!!
●お口直しにミントのリキュールの入ったソルベはいかがですか?

SNSでの「ソルベ」の使われ方

「ソルベ」の類義語

ソルベの類義語は、「シャーベット」です。
ソルベに似た冷菓ですが、牛乳などの乳脂肪分が少し含まれています。
ソルベがフランス語であるのに対し、シャーベットは英語です。

「ソルベ」の対義語・反意語

ソルベの対義語・反意語はありませんでした。