「ストーブ」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「ストーブ」の意味とは

ストーブとは、グルメ用語で、調理用のコンロやオーブン台という意味です。
近年ではアウトドアの場面でのストーブでも調理が楽しまれています。

「ストーブ」の種類

調理用ストーブは、ナフサを主たる成分とするホワイトガソリンなどの液体燃料式のものと、ガス式のもの、薪を使うものに分かれています。

液体燃料式

液体燃料式は、軍需用としてコールマンが軍に納入したストーブが発祥と言われています。
タンクを手動ポンプで加圧し、燃料を気化器へと送り込み、バーナーの熱で燃料を気化させながら燃焼する仕組みです。
液体燃料式は気化器の十分な加熱をしないと燃料が気化しないため、液体燃料が周りに飛び散る、火柱が上がるなどの危険があり、火災事故の原因にもなります。
しかし分解整備をすることで長期間使用できることや、ジェットエンジンに似た燃焼音にも人気があるなど、液体燃料式の愛好者は少なくありません。

ガス式

ガス式のストーブは燃焼音が静かで、燃料の交換がボンベの取り換えるだけという簡便さが人気で、初心者にも愛用されています。
ですが液体燃料式に比べランニングコストがかかること、使い捨てのボンベの処分方法の問題、寒冷地で液化したガスの気化がうまく行えないなどの欠点があります。

アルコールストーブ

アルコールストーブは、アルコールを燃料とするストーブです。軍需品のトランギア製が有名ですが、自作する人もいます。
軽量でコンパクトなため、登山者の間で人気です。

薪ストーブ

薪ストーブは、薪を燃料としたストーブです。
炎が作り出す「1/fゆらぎ」を見ていると、人間は無意識に癒されるといい、リラックス効果が得られます。

アメリカの家庭用ストーブ

アメリカで「ストーブ」と言う場合は、3口~6口のコンロがあり、ホットプレートが付属しているガスコンロのことを指します。
日本では「ガステーブル」と呼ばれていますが、これは和製英語です。

「ストーブ」の例文・用例

ストーブ

ストーブを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●冷えた体にストーブで作った暖かい料理が沁み渡ります。
ストーブを使ったレシピも、最近ではインターネット上にたくさんあるのね。

SNSでの「ストーブ」の使われ方

「ストーブ」の類義語

ストーブの類義語はありませんでした。

「ストーブ」の対義語・反意語

ストーブの対義語・反意語はありませんでした。