「タイムリーエラー」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「タイムリーエラー」の意味とは

タイムリーエラーとは、野球用語で、守備側のミスにより、相手チームの得点に直接結びつくプレーという意味です。
相手チームの得点になってしまうプレーのことなので、ネガティブな表現として使われることがほとんどです。

「タイムリーエラー」の語源

タイムリーエラーの語源は、英語の「timely」と「error」を合わせた和製英語です。
ちなみに英語では「failure」と呼ばれています。

「timely」は「タイミングがよいさま」、「好都合なさま」という意味です。
「error」は、失策という意味です。

ちなみに、タイムリーとはタイムリーヒットの略でもあります。

「タイムリーエラー」の例文・用例

タイムリーエラー

タイムリーエラーを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●味方がタイムリーエラーをして失点してしまった。
●あそこでタイムリーエラーをしたから、試合に負けてしまった。

SNSでの「タイムリーエラー」の使われ方

「タイムリーエラー」の類義語

タイムリーエラーの類義語は、「失点に繋がるエラー」、「適時失策」です。

「失点に繋がるエラー」の意味は、言葉の通り、失点に繋がってしまうエラーのことです。
「適時失策」の意味は、こちらも言葉の通り、ちょうど良い時にミスをしてしまうことです。

「タイムリーエラー」の対義語・反意語

タイムリーエラーの対義語・反意語は「タイムリーヒット」です。
意味は、「野球で得点に繋がるヒット(安打)を打った」という意味です。
ヒットによって得点が入ったときのみに使われる言葉です。
得点=成功なので、内野ゴロによって打者がアウトになる前に、走者が生還した時には使えません。