「前日発売」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「前日発売」の意味とは

前日発売とは、日曜日に行われるレースの勝ち馬投票券を、前の日の土曜日から発売することです。
前日販売が行われるレースは、重賞レースとJRAが指定するレースに限られます。

「前日発売」の特徴

中央競馬では以前から主要のG1レースの前日販売を行っていましたが、それに加え「皐月賞」、「日本ダービー」、「菊花賞」、春と秋の「天皇賞」、「有馬記念」の6レースについては、場所を限定して金曜日の前売りも行われるようになりました。
販売の時間は原則として14~19時で、2001年からは、GI以外の重賞レースで日曜日の平地重賞レースも土曜日の前日発売が開始されています。
なお、積雪のためのレースの中止、開催コース変更などを考慮し、2009年まで1~3月は「フェブラリーステークス」と「高松宮記念」、「マーチステークス」以外の前日発売は行いませんでしたが、2010年からは通年前日販売を実施しています。

関東地区での金曜日の前々日発売は、「ウインズ後楽園」のみでしたが、2017年5月26日からは「ウインズ新宿」でも金曜日前々日発売が実施されるようになりました。
2018年4月13日~2021年4月30日までは「ウインズ札幌」でも金曜日前々日発売が実施されていましたが、現金投票のみで、JRA-UMACAの利用はできません。

前日販売は、地方競馬でも重賞レース中心に実施される場合があります。

また、競艇、競輪、オートレースにおいては、一番注目される優勝戦が最終日に行われることから、番号や枠順が最終レース終了後に確定発表されるために前日発売が行われることはあまりありません。
しかし会場によって、枠順確定後に数時間だけの前日発売を行うこともあります。

「前日発売」の例文・用例

前日販売

前日発売を使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●明日はバイトがあるし、前日発売で買っておこう。
●そうだ、前日発売で券買ったんだった。

SNSでの「前日発売」の使われ方

「前日発売」の類義語

前日発売の類義語はありませんでした。

「前日発売」の対義語・反意語

前日発売の対義語・反意語はありませんでした。