「CR機」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「CR機」の意味とは

CR機とは、プリペイドカードに対応したパチンコ機のことです。

「CR機」の語源

CR機の語源は、「Card Reader」の頭文字をとったものという説が主流です。
「card」のCとRをとったという説や、「Card Reserve」の頭文字という説もありますが、「Card Reader」が有力とされています。

「CR機」の概要

CR機は、パチンコホールでの経理の透明化を目的に1990年代初頭から普及しました。
当初は販売機でプリペイドカードを購入してからパチンコ台で遊戯をするというシステムだったため、販売機に行列ができたり、カードの再購入のため途中で席を立つ必要があるなどの不便な面が目立ちました。

そのため現在は、現金をパチンコ台の横についている玉貸機に入れ、そのままカードの購入と使用処理がなされ遊戯ができるというシステムが主流となっています。

「CR機」の今後

2018年2月に施行された風営法の規則改正によってCR機は今後撤去される流れになっていきます。
すでにCR機に代わり、型式試験の新基準を通過した「P機」と呼ばれるパチンコ機が登場しています。
この「P」は「パーソナルシステム」の略とされており、「各台の中にある玉を循環させ、内臓の計量器によって玉数を管理するシステム」を指します。
このシステムを採用することにより、重いドル箱を運ぶ手間が省けるという利点があります。

2021年内にはすべてのCR機が撤去される予定で、2019年10月にリリースされた七匠の新機種「CRマッハGoGoGo GP7000」が最後のCR機と言われています。

「CR機」の例文・用例

CR機

CR機を使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●平成と共に駆け抜けたCR機
CR機がどんどんパチンコ店からなくなっていくな~。

SNSでの「CR機」の使われ方

「CR機」の類義語

CR機の類義語は、「CRA」です。
「A」は「甘デジ」のことで、大当たりの確率が高めに設定されている 機種のことです。
プリペイドカードが使える甘デジにこの「CRA」がついていることがあります。

「CR機」の対義語・反意語

CR機の対義語は「現金機」です。
プリペイドカードは購入せず、現金でパチンコ玉を借りるタイプのパチンコ機のことです。