「アッシュ系」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「アッシュ系」の意味とは

アッシュ系とは、ヘアカラーの「くすみがかかったグレー」という意味です。
日本人の髪は赤みがかっていますが、アッシュ系のカラーを加えることでくすんだ色が髪に透明感を与え、抜け感のあるスタイルになります。

「アッシュ系」の特徴

アッシュ系の色味は、他のカラーと混ぜて自分の好みの色にデザインできるのも魅力です。
ピンク系やベージュ系に混ぜるのもお勧めです。
ブリーチすると発色を楽しむことができますが、ブリーチしなくても効果が出るため、傷みやすい髪質の人や職場が髪色に厳しい場合でも取り入れやすいカラーと言えるでしょう。

「アッシュ系」の色落ち

アッシュ系は色落ちしやすいのが難点です。
ブリーチなしの場合は元の髪色に戻るイメージですが、ブリーチしている場合は、黄色味を残し金髪風になっていきます。

「アッシュ系」の楽しみ方

魅力たっぷりのアッシュ系は、様々なパターンで楽しめます。

アッシュベージュ

透明感を演出し、大人っぽい髪色に仕上がります。
品のあるファッションやメイクを好む人に向いている色味です。

アッシュブラウン

くすみを生かして女の子っぽく、柔らかな風合いに仕上がる色味です。

グレーアッシュ

髪色を暗めに整えつつ、つや感をプラスして髪をきれいに見せてくれる色味です。

ピンクアッシュ

かわいいピンクとアッシュのくすみを足した、女子の愛されカラーです。

ブルーアッシュ

黒髪を少し軽く見せる、透明感のある髪色です。
ブリーチなしで染めるので、学校や職場の縛りが厳しい人にも試してほしいカラーです。

ミルクティーアッシュ

肌なじみの良いハイトーンなカラーです。
甘い仕上がりになり、SNSでも人気となってます。

「アッシュ系」の例文・用例

アッシュ系

アッシュ系を使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●今回のカラーは、アッシュ系を重ねて軽さを出してみました。
●赤みを抑えたかったので初のアッシュ系みチャレンジ。

SNSでの「アッシュ系」の使われ方

「アッシュ系」の類義語

アッシュ系の類義語はありませんでした。

「アッシュ系」の対義語・反意語

アッシュ系の対義語・反意語はありませんでした。