「膠着」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「膠着」の意味とは

膠着とは、馬が緊張などから動けなくなってしまうという意味です。

「膠着」の語源

膠着という言葉は元々、「粘りつく。しっかりくっついて離れなくなる」という意味を持っています。「膠」という字は「にかわ」とも読み、動物や魚の皮や骨などを煮詰めてゼラチンを抽出し、冷やし固めることで出来る接着剤のようなものです。
膠が着くことでくっついて離れなくなるというところから派生して、物事や状態が固まってしまい、動かなくなることを指します。また、そういった状況を「膠着状態」と言うことがあります。

このような意味から、競馬や乗馬などで「膠着」といえば、馬が他のものに気を取られたり精神不安などから動けなくなってしまうことを表すようになりました。
またこれとは別に、レース中に他の馬を妨害しないようそれぞれの騎手が配慮した結果、動くに動けなくなってしまうような状況を「レースが膠着した」ということもあります。

「膠着」しやすい馬の性質

野生馬や競走馬などに関わらず様々な性格の馬が存在しますが、基本的な馬の性質としては臆病で繊細といった特徴が挙げられます。
そして馬のそのような性質からくる癖のひとつに「物見」があります。
なんでもないような物でも馬が見ると驚いたり怖がってしまうことがあり、芝生の切れ目などでも驚いて横に飛んだりしてしまうことがあるほどです。
この「物見」が膠着の原因になることも多いため、競馬場でのフラッシュ撮影は禁止されています。

また、レースの前に緊張しやすい馬はスターティングゲートの中で膠着してしまう場合があり、これを「枠内膠着」と呼びます。膠着した馬は騎手の指示があっても動かなくなってしまうので、ゲートの扉が開いてもスタート出来ず、出遅れてしまうこともあります。

「膠着」の例文・用例

膠着

膠着を使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●あの馬はかなり繊細だから、また膠着しちゃったね…。大丈夫かな。
膠着した馬を騎手が必死になだめています。

SNSでの「膠着」の使われ方

「膠着」の類義語

膠着の類義語は、「立ち往生」です。
目的地に向かう途中で足止めをくらい、行くことも戻ることもできなくなることで、物事が行き詰ってしまうことを指します。

「膠着」の対義語・反意語

膠着の対義語・反意語はありませんでした。