「スーパーバイザー」とは?意味と例文が3秒でわかる!

2020-04-21

「スーパーバイザー」の意味とは

スーパーバイザーとは、管理者や監督者の役職という意味です。

スーパーバイザーは役職名であり、「SV」と略されて呼ばれることが多くなっています。

このスーパーバイザーという役職は、コールセンターや小売店や飲食店などの業界で存在する役職です。

店舗などで言えば店長よりも上のポジションとなり、複数店舗を管理監督する役職となります。

言い換えをすればエリアマネージャー、地区長などが当てはまります。

コールセンターで言えば、センターで働く人を統括することが仕事となっています。

そのため各業種において、専門知識が強く問われる仕事と言えるでしょう。

複数店舗とあることから、チェーン店展開の企業で見られることが特徴となります。

そのため業務改善の中には、マニュアルなどの落とし込みも含まれているのです。

「スーパーバイザー」の語源

スーパーバイザーの語源は、英語のsupervisorです。

英語のsupervisorの意味は、管理者や監督者となっています。

カタカナ語と同じ意味ですが、英語の方が幅広いニュアンスを持っていると言えるでしょう。

その理由には日本では、単に役職や肩書きとなっていることが挙げられます。

管理者や監督者という意味以上に、役職名の意味合いが日本では強くなっているのです。

「supervisor」の別の意味

英語のsupervisorは、時に違った意味で使われる単語となっています。

例としてはイギリスの大学で使われる時です。

こちらの場合、外国から来た学生に指導する「指導官」という意味を持ちます。

またアメリカでは、公立学校の教師の「指導主事」の意味があるのです。

その他にはコンピュータ用語でも使われることがあります。

こちらではプログラムの1つとして、「監視プログラム」という意味で使われるのです。

このようにカタカナ語とは異なり、英語のsupervisorは意味が複数あります。

語源とカタカナ語とで、分けて覚えておく必要があるでしょう。

「スーパーバイザー」の各業種での役割

スーパーバイザーは、業種ごとに役割がやや異なる仕事です。

一言に管理者などと一概には言えないため、それぞれの特徴を押さえておきましょう。

コールセンターの場合

コールセンターでは現場管理がメインの業務です。

コールセンター内で働く人を統括して、オペレーターの指導と育成を行います。

その他、求人などのマネジメント業務も仕事です。

コールセンターでの、オペレーティング業務の知識が問われます。

またオペレーターを統括することから、その人たちとのコミュニケーション能力も問われるのです。

こうした能力に加えて、マネジメント能力が求められる役職となっています。

小売店の場合

小売店ではチェーン店のうち、複数店舗の管理業務がスーパーバイザーの仕事となります。

一定エリア内に所属する、複数の店舗の管理やスタッフのマネジメントを行うのです。

また店舗の店長と、本部との橋渡し役でもあります。

現場のマネジメントを行いながら、現場と本部を繋ぐ役割があるのです。

当然コミュニケーション能力、マネジメント能力が問われます。

さらに複数店舗のデータを正確に理解する、データ分析能力も問われる役職なのです。

サービス業の場合

サービス業のうち、主にチェーン展開している飲食・アパレル業界などです。

飲食業界であれば、特にサービスの質に関してマネジメント業務をします。

サービス向上のためのアドバイスを行い、売り上げのアップを図るのです。

アパレル業界でも飲食業界とほぼ同じとなります。

違いとしては、店舗のディスプレイなどのアドバイスが加わることです。

このように業界によって、求められる能力などに若干の違いが出ます。

そのため細かな点においては、一概に括ることはできません。

さらに管理者として機能している企業もあれば、単なる肩書きになっている企業もあります。

役職名のいみよりも、本来の管理者などの意味が根幹にあることを覚えておくことがポイントです。

「スーパーバイザー」の例文・用例

スーパーバイザー

スーパーバイザーを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●せっかくスーパーバイザー になったのに、年収がほとんど上がらなかった。
●担当のスーパーバイザー は厳しいことを言うだけで、なんの具体的アドバイスもくれない。

SNSでの「スーパーバイザー」の使われ方

「スーパーバイザー」の類義語

スーパーバイザーの類義語は、「エリアマネージャー」です。
意味は、対象エリア内の店舗などをマネジメントする仕事をする人となります。

スーパーバイザーは主に、エリアごとに複数の店舗を管理する仕事の役職者を指していました。
そのため同じ意味を持つ、こちらの単語が類義語となります。

「スーパーバイザー」の対義語・反意語

スーパーバイザーの対義語は、「店舗従業員」です。
意味は、店舗業務に従事する働き手です。
スーパーバイザーが管理側の役職でしたので、対義語には管理される側が位置します。

こちらを単語で当てはめると、上記の店舗従業員となるでしょう。
そのためこの単語が対義語です。