「ベストエンディング」とは?意味と例文が3秒でわかる!

2020-06-22

「ベストエンディング」の意味とは

ベストエンディングとは、ゲームにおいて、そのストーリーでの最高の結末のことです。

「ベストエンディング」の語源

ベストエンディングの語源は、英語の「best ending」です。

「best」とは、形容詞では、「最高の、最も良い、最善の、絶好の、この上ない、最上の、誰にも引けを取らない」という意味です。

副詞では、「最も良く、最高に、一番うまく」という意味です。名詞では、「最良のもの」という意味です。

「ending」とは、「(本や映画などの)結末、大詰め、終わり、終了」を意味する名詞です。

「ベストエンディング」の特徴

「ベスト」という言葉が示す通りエンディングが複数あることが前提であり、基本的にゲームで使われる言葉です。

このような、エンディングが複数ある仕様を「マルチエンディング」と言います。

マルチエンディングの種類には、「ハッピーエンド」や「グッドエンド」、「バッドエンド」、「真エンド」、「トゥルーエンド」と呼ばれるものがあります。

ベストエンディングは、その中でも特に、目的を達成した上で登場人物たちも幸せになれるものがほとんどです。

しかし、一周目では見ることができないよう設定されていたり、攻略サイトを見ながらプレイしなければ分からないほど条件が難しかったりします。

なお、正式にベストエンディングとされていなくても、最良のエンディングをファンが勝手にベストエンディングと呼んでいる場合もあります。

「ベストエンディング」を迎えるには

マルチエンディング制が採用されているゲームでは、登場人物が作中で取った行動、選択した選択肢や、発見したアイテムや遭遇したイベントによって、その結末が変化します。

ベストエンディングを迎えるとは、その中で適切な行動を取ることで、すべての謎や問題を解き明かすことに成功し、登場人物が平穏で理想的な余生を送ったと推察される結末に至ることです。

なお、ベストエンディングを迎えなかったら、登場人物が今後不幸な余生を送ったであろうと推察されたり、禍根を残していたりする場合もあります。

「ベストエンディング」の例文・用例

ベストエンディング

ベストエンディングを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●このベストエンディングを見るために相当苦労した
ベストエンディング、何度見ても泣けてくる

SNSでのベストエンディングの使われ方

ベストエンディングの類義語

ベストエンディングの類義語は「ハッピーエンド」、「グッドエンド」です。

「ハッピーエンド」や「グッドエンド」は、共に、登場人物やプレイヤーが幸せだと感じるエンディングを指します。

ベストエンディングの対義語・反対語

ベストエンディングの対義語は、「バッドエンド」、「トゥルーエンド」です。

「バッドエンド」とは、不幸・最悪なエンディングを指します。

「トゥルーエンド」とは、マルチエンディングゲームで真のエンディングとされるものを指します。

トゥルーエンドが、必ずしも物語の最も良い結末であるとは限りません。