「WS(ワンダースワン)」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「WS(ワンダースワン)」の意味とは

WS(ワンダースワン)とは、バンダイが発売していた携帯型ゲーム機のことです。

英語で「WonderSwan」と表記することから、頭文字を取って「WS」と略称されます。

開発・設計はゲームボーイの生みの親である横井軍平が起業したコト社が手がけています。

1999年3月4日に定価4,800円で発売されました。

同時期のライバル製品「ゲームボーイカラー」や「ネオジオポケットカラー」の標準価格が8,900円(※)であったのに対し、比較的安価に手に入れることができました。

(※ゲームボーイカラーは99年4月に標準価格を6800円に値下げしています)

互換シリーズとして2000年12月発売の「ワンダースワンカラー」、02年7月発売の「スワンクリスタル」があります。

元々ワンダースワンは低価格&省電力の携帯ゲーム機を売り出すためモノクロ仕様にこだわっていましたが、翌年発売の「ワンダースワンカラー」からカラー仕様に踏み切りました。

シリーズ累計販売台数はおよそ330万台以上と推定されます。

一時期では任天堂やSNK社など、他社製品の携帯ゲーム機が市場にひしめく中で、小規模ながら一定の占有率を獲得していました。

しかし、2001年3月、任天堂の「ゲームボーイアドバンス」発売を皮切りに人気が低迷し、2003年2月に受注生産への移行の発表をもって、事実上の撤退となりました。

ちなみにカラーバリエーションとして以下7種があります。

・シルバーメタリック
・ブルーメタリック
・パールホワイト
・スケルトンピンク
・スケルトンブルー
・スケルトングリーン
・スケルトンブラック

いずれも99年3月4日の発売から提供されています。

「WS(ワンダースワン)」の仕様

ワンダースワンの基本的な仕様について説明します。

まず、操作ボタンとして画面右側に「A」「B」の2ボタン、左側に「X」「Y」の2種の十字キーが備え付けられています。

また、中央下部には「サウンドボタン」「スタートボタン」が配置されています。

そのほか「コントローラー調整つまみ」が搭載されています。

ヘッドホンを使用するには、拡張端子に挿入できる専用アダプターを経由して接続する必要があります。

音量はサウンドボタンを押すごとに「小」「オフ」「大」と切り替わる仕様になっていました。

デフォルトは「大」で、なおかつ音量変更を保存できなかったため、「小」または「オフ」にしたい場合は、ゲーム機を起動する度に変更しなければなりませんでした。

しかし、後継シリーズのスワンカラーから初期音量が設定できるように修正されています。

「WS(ワンダースワン)」で遊べる主なソフトウェア

人気を博したワンダースワン対応のゲーム作品として以下5作を挙げることができます。

・ファイナルファンタジー
・ファイナルファンタジーII
・チョコボの不思議なダンジョン
・スーパーロボット大戦COMPACT
・GUNPEY

上記は03年3月時点におけるシリーズ全体の販売本数ベスト5に入っています。

「WS(ワンダースワン)」の例文・用例

WS

WS(ワンダースワン)を使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●ネットオークションで懐かしのワンダースワンを手に入れた。
●実家で見つけたワンダースワンの限定モデル、高く売れるかな?

SNSでの「WS(ワンダースワン)」の使われ方

「WS(ワンダースワン)」の類義語

WS(ワンダースワン)の類義語はありませんでした。

「WS(ワンダースワン)」の対義語・反意語

WS(ワンダースワン)の対義語・反意語はありませんでした。