「直近」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「直近」の意味とは

直近とは、最も近い時間や距離という意味です。
「ちょっきん」と読みます。

時間に使う場合の「直近」

時間の場合は、未来にも過去にも使うことがあります。
数時間、数日、数か月など、直近が表す時間や期間に明確な決まりはなく、前後の文脈から判断しましょう。
直近〇〇年、などと、年単位の期間を表すこともあります。
具体性を欠く言葉の一つですので、相手に確実に伝えることを目的とする場合は、日付や時間を明確にしましょう。

場所に使う場合の「直近」

場所について直近と表現する際にも、どれくらいの距離が直近であるかなどの特別な決まりはありません。
直近のスーパー、直近の駅、などのように表現します。

ビジネスでの「直近」の使われ方

ビジネスにおいて、直近は売り上げやデータ、期間を表す時に用いられます。
株価関連では「直近高値」「直近安値」という使い方をします。

「直近」と「最近」の違い

「最近」は、最も近い過去・未来の時間を表しますが、距離を表すことはありません。
「直近」は時間にも距離にも使える言葉です。

「直近」の例文・用例

直近

直近を使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●この表に私の直近の出勤日が書いてあります。
直近1年の成績では、彼女が一番優秀だった。

SNSでの「直近」の使われ方

「直近」の類義語

直近の類義語は、「間近」です。

「直近」の対義語・反意語

直近の対義語は、「将来」や「遠方」です。
「将来」はこれからやってくる遠い未来を指すため、時間を表す時に直近の対義語になります。
また、「遠方」は、距離について話す時に、直近の対義語となります。