「バルサミコ酢」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「バルサミコ酢」の意味とは

バルサミコ酢とは、果実酢の一種です。

 

イタリア料理には欠かせない万能調味料と言われており、ぶどうの濃縮果汁を木の樽で長期間熟成させる伝統的な製法で作ります。
スーパーマーケットで販売されているものは大量生産されたものが主流ですが、伝統製法のバルサミコ酢に似せるために、甘味料や着色料を加えています。
しかしバルサミコ酢本来の製法で作られていないため、それらはあくまで疑似商品です。
伝統的な製法で作られたバルサミコ酢は高級品として扱われています。

「バルサミコ酢」の語源

バルサミコ酢の語源は、イタリア語の「Balsamico(バルサミコ)」です。
「芳香なもの」「香り高い」という意味の言葉があります。

「バルサミコ酢」の特徴

バルサミコ酢は茶色を濃くした色で、独特の芳香があります。
味わいが濃厚で酸味が特徴で、イタリア料理ではオリーブオイルなどと一緒にサラダにかけるなど、味つけや香り付けに使われることが一般的です。
ドレッシングとしてそのまま使えますが、煮詰めてソースにもできます。
また、バルサミコ酢を煮詰めると濃縮した甘さが引き出され、アイスクリームにかけても楽しめる味わいです。

「バルサミコ酢」の味

バルサミコ酢はビネガー(酢)であるため、ぶどうに甘みを加えたような、マイルドな甘酸っぱさが特徴です。
焼いただけの肉にかけても味わいが楽しめます。

「バルサミコ酢」の例文・用例

バルサミコ酢

バルサミコ酢を使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●昨日やってみたんだけど、バルサミコ酢をつけて食べる鴨肉っておいしい。
バルサミコ酢はマリネに使うのが一番合うと思う。

SNSでの「バルサミコ酢」の使われ方

「バルサミコ酢」の類義語

バルサミコ酢の類義語はありませんでした。

「バルサミコ酢」の対義語・反意語

バルサミコ酢の対義語・反意語はありませんでした。