「フルボッコ」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「フルボッコ」の意味とは

フルボッコとは、一方的に打ちのめすという意味です。

「フルボッコ」の語源

フルボッコは「フルパワーでボッコボコ」の略語です。

ただし、この表現が広がっていくにつれ、文脈によっては必ずしも「フルパワー」であるという限りはなくなり、「完膚なきまでに叩きのめす」という意味や「袋叩き」というニュアンスの方が強く出てくる場合もあります。

「フルボッコ」の表現の広がり

「フルボッコ」は、元々は肉体的に、暴力的に相手を叩きのめす、もしくは倒されるという意味で使われていました。
その表現が広がっていくにつれて、肉体的にではなく、精神的な勝ち負けの意味でも使われるようになっていきました。

議論などにおいての「フルボッコ」

直接の対話だけでなく、インターネット掲示板やSNS上で議論や口論が起こった際に、一方が非の打ち所がない正論で返し、相手を黙らせてしまうような状況を指します。

ゲームにおいての「フルボッコ」

特に格闘ゲームなどの対戦ゲームで、上級者が初心者を相手に容赦なく勝利することも「フルボッコ」と呼ばれます。
上級者 vs 初心者という組み合わせでなくても、相手が手も足も出ないような圧倒的な勝ち方をしたときも「フルボッコ」と表現されることがあります。

人数差での「フルボッコ」

これはいわゆる「袋叩き」という意味で使われる場合です。
肉体的な暴力でも、議論などの精神的な意味でも当てはまります。
大人数 vs 1人という構図で議論が発展したり、実際に暴力を受けた場合に使われます。

そのほかの「フルボッコ」

ゲームだけでなく、野球やサッカーなどスポーツで大差をつけて勝利した場合も「あのチームにフルボッコにされた」などと表現します。
また、魅力的な相手に心をかき乱される様子、のめりこんでしまうことを表す際に「あの子は危険だ。フルボッコにされる・・」という使い方をすることもあります。

「フルボッコ」の例文・用例

フルボッコ

フルボッコを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●やめておけ!あいつこのゲームの達人だからフルボッコにされるぞ!
●ちょっとTwitterで語ったら、プロからフルボッコにされちゃったよ・・・。

SNSでの「フルボッコ」の使われ方

「フルボッコ」の類義語

フルボッコの類義語は、「論破」「袋叩き」です。
「論破」は「完全論破」という風に組み合わせて使われることもありますが、「言い負かす」という意味です。
「袋叩き」は複数人で取り囲んで攻撃することで、肉体的な暴力でも使われますし「多くの人が非難する」という精神的な意味でも使われます。

「フルボッコ」の対義語・反意語

フルボッコの対義語・反意語はありませんでした。