「アドバンス」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「アドバンス」の意味とは

アドバンスとは、前進、発展、進歩という意味です。
また、前払い金という意味で使われることもあります。

「アドバンス」の語源

アドバンスの語源は、英語の「advance」です。
「前進する」「前倒しする」「進展させる」などの意味に訳されます。

「アドバンス」の使い方

アドバンスは、主に物事が前進する、進歩するという意味で用いられます。
例えば任天堂のゲーム機である「ゲームボーイアドバンス」という名称は、従来のゲームボーイよりも技術的により進歩したという意味が込められています。
このように進化した商品や商材について「アドバンス版」と呼ぶことがあります。

またよく聞かれる使い方としては「アドバンスコース」というものがあります。
技術や知識を習得するためのスクールや講座などで、基礎よりももっと複雑で高度な
ことを習うためのコース名称として設定されていることが多いです。
「アドバンスクラス」と言う場合もあります。

「アドバンス」の派生パターン

アドバンスは「前もって」「先行して」という元々の意味から派生して、「前払い金」という意味で使われることがあります。
特にビジネスシーンでは多く見られる使い方です。

契約を結ぶときに手付金として支払ったり、何かサービスを利用する際に前もって支払いを済ませておく時などに使います。
海外のホテルなどを予約する際の前払い金のことを「アドバンスパーチェス」や「アドバンスペイメント」と呼びます。

「アドバンス」の例文・用例

アドバンス

アドバンスを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●基礎は身についたから、次はアドバンスコースに進んで知識を深めよう。
●いよいよ明日アドバンス版をリリースします。

SNSでの「アドバンス」の使われ方

「アドバンス」の類義語

アドバンスの類義語は、「プログレッシブ」です。
進歩的、革新的という意味で使われます。

「アドバンス」の対義語・反意語

アドバンスの対義語は、「後退」「退化」です。
「後退」は後ろへ下がること、勢いが衰えるという意味です。
「退化」は進歩が止まり、以前の状態へ戻るという意味です。