「クリアランス」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「クリアランス」の意味とは

クリアランスとは、片付けること、または隙間、ゆとりという意味です。

「クリアランス」の語源

クリアランスの語源は、英語の「clearance」です。
「一掃すること」「寸法的な余裕や隙間」といった意味をはじめ、業界や文脈によって様々な解釈がされる言葉です。この一部の意味をそのままに、カタカナ語の「クリアランス」として日本で使われるようになりました。

「クリアランス」の表現の広がり

業界ごとに違ったニュアンスを持つ「クリアランス」の意味をご紹介します。

販売・小売り

身近でよく使われるのは「在庫一掃」という意味で、百貨店やデパートなどで行われる、在庫一掃を目的とした特売の催しのことを「クリアランスセール」と呼びます。
クリアランスの目的は多岐にわたり、前期の売れ残りを売り払いたい、閉店や店舗移転のため在庫をなるべく持っていたくないといった理由があります。
近年では、そういった明確な目的がなくても「クリアランス」と銘打ってセールを開催することもあります。

建築や機械設計

建築や機械設計の分野で「クリアランス」というと「隙間・ゆとり・空間の余裕」のことを指します。
建築デザインにおいては、建物内の空間のことをクリアランスと呼びます。
また機械設計では、機械の可動部にそれぞれの部品が干渉し合わないための隙間を設けることがあり、この隙間のことを「クリアランス」と言います。

医療

医学用語では、腎臓の排泄能力の大きさを「クリアランス」と呼び、数値化しています。
「一掃する、除去する」という意味から派生して、腎臓のもつ清掃能力の度合いを表しています。

税関・輸送

輸送の分野においては、「通関手続き」「出港許可」「航空機の着陸許可」などの意味で使われます。
人や商品などが「ここを通っていいかどうかの許諾」という意味なので、「クリアランスをもらった(=通関手続き許可してもらった)」といった風に使います。

「クリアランス」の例文・用例

クリアランス

クリアランスを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●明日からクリアランスセールなので、社員一丸となって頑張りましょう。
●この部屋は天井までのクリアランスを広くとってあるのが特徴です。

SNSでの「クリアランス」の使われ方

「クリアランス」の類義語

クリアランスの類義語は、「バーゲン」「バッファ」です。
「バーゲン」はバーゲンセールの略で、在庫処分も目的とした「クリアランスセール」はバーゲンの一種となります。
「バッファ」とはビジネスシーンなどで使う場合、スケジュールや人員にもたせる「余裕・ゆとり」という意味になります。

「クリアランス」の対義語・反意語

クリアランスの対義語は・反意語はありませんでした。