「ヘリコプターペアレント」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「ヘリコプターペアレント」の意味とは

ヘリコプターペアレントとは、ホバリングするヘリコプターのように、子どもを監視し、必要以上の鑑賞をおこなう親という意味です。
子どもが傷つくことを未然に防ぎたい親の思いから、必要以上に手や口を出して行動制限をかけてしまいます。
その結果、本来すべき困難や失敗の経験から子どもを遠ざけることになり、成長を妨げることになってしまうのです。
ヘリコプターペアレントに過保護に育てられた子どもは、失敗の経験を積んでおらず、対処の方法を学ばないまま成長します。
コミュニケーションスキルや倫理観を持っていないため、学校や仕事でも、成果を出すことが難しいでしょう。

「ヘリコプターペアレント」が育てた子どもの特徴

ヘリコプターペアレントによって育てられた子どもには、以下のような特徴が見られます。

問題解決能力が低い

親がヘリコプターペアレントの場合、問題が起きる前に親が手を出してしまったり、例え問題が起きても親の手で解決してしまいます。
そのため、子ども自身が困難に立ち向かい、解決するための経験ができず、大人になっても自分の力で問題解決をする能力が育ちません。

自己肯定感が低い

親が子どもの行動の先回りをし、失敗を防ぐことは、子どもの試行錯誤による行動を制限することにもつながります。
子どもの発想からの行動を「それはだめ」「やめなさい」と否定することで、子どもは「自分はできない人間である」と感じ、自己肯定感が低くなるのです。
「どうせダメって言われるから」自分の主張もできなくなり、自分自身のことを嫌いになってしまいます。

https://www.youtube.com/watch?v=LpsAiMN5UXg

情緒不安定になる

否定されることが多かった子どもは、少しでも親に認められようと完璧を目指します。
完璧を目指す人生は苦しい道のりであり、精神的に弱い子どもは、思う結果を得られない時には精神的にも不安定になりやすいのです。

「ヘリコプターペアレント」の例文・用例

ヘリコプターペアレント

ヘリコプターペアレントを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●私の親はヘリコプターペアレントだったから、私が失敗しないように何でも手伝ってくれたのよ。
ヘリコプターペアレントに育てられた子どもは、自己肯定感が低いのが特徴です。

SNSでの「ヘリコプターペアレント」の使われ方

「ヘリコプターペアレント」の類義語

ヘリコプターペアレントの類義語はありませんでした。

「ヘリコプターペアレント」の対義語・反意語

ヘリコプターペアレントの対義語・反意語はありませんでした。