「カプレーゼ」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「カプレーゼ」の意味とは

カプレーゼとは、イタリアを発祥とするサラダの一種です。
必要な材料は、トマト、モッツァレラチーズ、バジルの3つで、材料があれば瞬く間に作れます。
色彩が、トマトの赤、モッツァレラチーズの白、バジルの緑で、イタリアン国旗のカラーと同じことからも、イタリア国民に好まれています。
正式名称は「インサラータ・カプレーゼ」です。

「カプレーゼ」の語源

カプレーゼのとは、イタリア語で「カプリ島の」を表す言葉です。
「インサラータ・カプレーゼ」で「カプリ島のサラダ」という意味になります。

「カプレーゼ」の作り方

カプレーゼの作り方は、まずトマトとモッツァレラチーズを食べやすい大きさに切り、交合に盛り付けます。
その上からバジルを散らすだけで完成です。
お好みでオリーブオイルや塩、コショウをかけていただきます。

大きなトマトがない時はミニトマトで代用しても問題ありません。
その時は、ミニトマトとモッツァレラチーズのサイズを合わせると見栄えが良く、カラフルなミニトマトを使うことで色とりどりの美しいカプレーゼが出来上がります。
3つの食材を一度に口に入れて味わうのがカプレーゼの食べ方です。

「カプレーゼ」が喜ばれるシーン

カプレーゼは、見た目も華やかで、パーティーやおもてなしの際のメニューとしても活躍します。
また、火を通す必要がなく、思い立ったらすぐに用意ができる手軽な点も魅力です。

「カプレーゼ」の例文・用例

カプレーゼ

カプレーゼを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●あの人トマト嫌いなんだけど、カプレーゼだったら食べるのよね。
カプレーゼを作るつもりだったのに、バジル買ってくるの忘れちゃった…。

SNSでの「カプレーゼ」の使われ方

「カプレーゼ」の類義語

カプレーゼの類義語はありませんでした。

「カプレーゼ」の対義語・反意語

カプレーゼの対義語・反意語はありませんでした。