「オーナー・ブリーダー」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「オーナー・ブリーダー」の意味とは

オーナー・ブリーダーとは、競走馬の馬主と生産者を兼任している人という意味です。

「オーナー・ブリーダー」の概要

オーナー・ブリーダーは、馬の「オーナー」であり「ブリーダー」でもある場合を指します。
競走馬の「オーナー」とは「馬主」のことで、その馬を所有する個人や法人、組合のことを指します。馬を購入し調教師をつけたり、騎手へ騎乗の依頼を行うなど馬がレースへ出走できるよう管理する役目を担っています。
「ブリーダー」とは、馬の繫殖や改良に携わる生産者のことをいいます。

通常はオーナーがブリーダーから馬を購入しますが、「オーナー・ブリーダー」はその2つを兼任しているので、自ら牧場を所有し馬を生産し、その馬のオーナーとなってレース出走に関する管理などを行っています。

「オーナー・ブリーダー」の特徴

現在、馬の生産や牧場経営は個人ではなく法人が担っていることがほとんどですが、「オーナー・ブリーダー」は牧場経営と馬主を兼任している個人のことを指すのが一般的です。

元々ブリーダーであった人がそのまま他人に売却せずに馬主を兼任しだしたケースと、オーナーが効率よく良い馬を手に入れるために牧場経営に乗り出すケースがあります。

「オーナー・ブリーダー」の例文・用例

オーナー・ブリーダー

オーナー・ブリーダーを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●あの人は日本でも有名なオーナー・ブリーダーだよ。
●お金持ちになったらオーナー・ブリーダーになるのが夢です。

SNSでの「オーナー・ブリーダー」の使われ方

「オーナー・ブリーダー」の類義語

オーナー・ブリーダーの類義語はありませんでした。

「オーナー・ブリーダー」の対義語・反意語

オーナー・ブリーダーの対義語・反意語はありませんでした。