「ピカタ」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「ピカタ」の意味とは

ピカタとは、イタリア料理の一つで、肉や魚の薄切りに、小麦粉と溶き卵をつけて、バターで焼いたものという意味です。

「ピカタ」の語源

ピカタの語源は、イタリア語で「槍の一突き」を意味する「piccata」(ピッカータ)です。
フォークで、薄切りにした肉を一突きにし、一回裏返せば焼きあがる、ということからこの名前がつけられたました。

「ピカタ」の特徴

ピカタとは、イタリア料理で、肉や魚を薄切りにし、塩、コショウをして小麦粉をまぶし、溶き卵をつけて、バターやサラダ油で黄金色に焼いたものです。

「ピカタ」の注意事項

ピカタの発祥はイタリアですが、もともとのピカタは、卵を使わず、薄切りにした子牛の肉をバターでソテーし、レモン汁とかけた料理だったようです。

「ピカタ」の英語表現

英語では、「a piccata」と表現します。

「ピカタ」の種類

ピカタには、具材によっていくつかの種類があります。

ポークピカタ

豚肉に、塩、コショウなどで下味をつけてから、小麦粉をまぶし、粉チーズを混ぜた溶き卵をからませて、ソテーしたものです。

チキンピカタ

鶏肉を材料とし、バターやパセリ、ケッパーを使ったレモンソースに、レモンをスライスしたものを乗せたものです。

「ピカタ」とソテー、ムニエルの違い

ソテーは、西洋料理で、肉や野菜などを薄く切り、フライパンを使い、少量の油で軽く炒める料理や調理法です。
―鮭をソテーする。
―ポークソテーを作る。

ムニエルは、塩、コショウで下味を付けた魚に、小麦粉をまぶし、フライパンを使い、バターで両面焼いた料理です。
―鮭のムニエルを食べる。

ピカタは、溶き卵を使うこと、食材に肉も野菜も用いることが、ソテーやムニエルと異なっています。

「ピカタ」のレシピ

ピカタのレシピを紹介します。
具材は、肉や魚、野菜など、さまざまなバリエーションがありますので、家庭にある材料で作ることができます。

材料
・肉類
牛肉(もも肉、バラ肉、すね肉、ひき肉など)
鶏肉(ささみ、胸肉、もも肉など)
豚肉(ヒレ肉、ロース肉、こま切れ肉を丸めたものなど)

・魚介類
白身魚(メカジキ、タラ、カレイ、ヒラメ、サワラ、残ったお刺身など)
赤身魚(サバ、アジ、マグロ、サンマ、残ったお刺身など)
その他魚介類(エビ、ホタテ、カキなど)

・野菜
ズッキーニ、エリンギ、ピーマン、ブロッコリー、ミニトマト、ゴーヤ、スナップエンドウ

・その他
はんぺん、魚肉ソーセージ、豆腐

作り方
1子牛の肉や豚肉を薄切りにしたもの、鶏肉、魚介類、野菜など、好みの具材を用意する。
2具材に塩・コショウで下味をつけ、小麦粉をまぶす。
3溶き卵にくぐらせて、サラダ油やバターなどを使ってフライパンで焼く。

ピカタは、下味をつけた状態や、衣をつけた状態、または焼いた状態で冷凍保存が可能です。冷凍保存したピカタは、2~3週間をめどに食べ切るとよいようです。

「ピカタ」の例文・用例

ピッカータ

ピカタを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●家で、ポークピカタを作ってみた。
ピカタは具材のアレンジがいろいろできて楽しい。

SNSでの「ピカタ」の使われ方

「ピカタ」の類義語

ピカタの類義語はありませんでした。

「ピカタ」の対義語・反意語

ピカタの対義語・反意語はありませんでした。