「レスピレーター」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「レスピレーター」の意味とは

レスピレーターとは、簡単に言えば肺に空気をおくる人工呼吸器という意味です。

 

呼吸がちゃんとできない時もしくは、止まってしまっているときに、呼吸を助けるために使われる機械や器具のことを指します。
酸素を送って、肺で交換した炭酸ガスを取り除く働きがあります。

肺の換気をする器械なのでベンチレーター(Ventilator人工換気器)と呼ぶのが本当は正しく、英語ではペンチレーターという呼び名の方が主流になります。

「レスピレーター」の特徴

レスピレーターは、救急時に使うもの、麻酔の時に使うもの、病室や集中治療室で使うものに分けられています。長時間使用できるものと、短時間のみ使用できるものと分けていて、その用途に合わせて使い分けています。

大人用と子供用でレスピレーターも分けられていて、それぞれの呼吸や肺に合わせて作られています。
最近のレスピレーターは多くの機能が備わっており、換気回数や換気量の設定、加湿や酸素濃度の調整などがしっかりでき、一部コンピューター化も進められています。

「レスピレーター」の利用時の注意点

患者さんの呼吸状態によって自動的に条件を変えるということはできないため、正しい条件を設定する必要があります。
使用目的に応じて、その都度、担当の人が設定を変えます。

「レスピレーター」の例文・用例

レスピレーター

レスピレーターを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●ドクターに レスピレーターを準備してと言われ用意していた。
●呼吸が危うく レスピレーターがないと生き延びることができなくなってしまいます。

SNSでの「レスピレーター」の使われ方

「レスピレーター」の類義語

レスピレーターの類義語はありませんでした。

「レスピレーター」の対義語・反意語

レスピレーターの対義語・反意語はありませんでした。