「ソロキャンプ」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「ソロキャンプ」の意味とは

ソロキャンプとは、一人で楽しむキャンプという意味です。

「ソロキャンプ」の特徴

ソロ(solo)は「一人の」「単独の」という意味で、ソロキャンプは、一人でするキャンプのことをさします。
大勢で楽しむイメージのあるキャンプを、あえて一人で楽しむことから、ソロキャンプという表現が使われるようになりました。

「ソロキャンプ」の英語表現

英語では「camping solo」「camping by myself」と表現します。
キャンプに限らず、一人で行動することを表すときは「~ing solo」と表現することが多いです。
―I enjoyed camping solo.(私はソロキャンプを満喫した。)

「ソロキャンプ」という言葉はいつから使われている?

ソロキャンプのブームに火を付けたのは、芸人のヒロシです。
Youtubeでのソロキャンプに関する配信が人気になり、現在はコロナ禍でも楽しめるレジャーとして注目を集めています。

「ソロキャンプ」してはいけない場所

許可されていない場所でのキャンプは認められていません。キャンプ場以外でのキャンプを計画する際には特に注意しましょう。

「ソロキャンプ」の魅力はどこにあるのか

新型コロナウィルスの感染拡大のなか、三密を回避し、ソーシャルディスタンスを保つことが頻繁に呼びかけられるようになりました。

外出を自粛し、自宅で過ごす人もいますが、ソロキャンプはあえて自然のなかへ外出します。一人で楽しむキャンプであるので、三密の心配もなく、豊かな自然のなかで、リフレッシュができることが大きな魅力になっています。

「ソロキャンプ」のための準備

ソロキャンプには主に下記の道具が必要になります。
テント、寝袋(シュラフ)、マット、テーブル、チェア、ランタン、バーナー(ライター)、マグカップ、トング、調理器具(ナイフ、カトラリー、まな板など)、ガス缶、クッカー

「ソロキャンプ」のお金事情

ソロキャンプを始めるためには、最低限必要な道具を調達し、かつキャンプ場を手配する必要があります。

初心者が始める場合、10万円程度は必要とみておいた方がよいでしょう。

「ソロキャンプ」のメリット

誰に気兼ねすることもなく、自然を満喫できるのがソロキャンプのメリットです。

誰かに指図されたりすることもなく、すべて自分のペースで物事を進めることができます。

「ソロキャンプ」のデメリット

近くに頼れる人がいないため、すべて一人で解決しなければなりません。

キャンプをする場所によっては、熊やイノシシなどの野生の動物に遭遇する危険もあります。
また、女性の場合は、近くにいた不審な異性のキャンパーにからまれるなどのトラブルもあります。

「ソロキャンプ」の例文・用例

ソロキャンプ

ソロキャンプを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

ソロキャンプに憧れる!
ソロキャンプは誰にも気を遣わず、自然を満喫できて最高~

SNSでの「ソロキャンプ」の使われ方

「ソロキャンプ」の類義語

ソロキャンプの類義語は、「ひとりキャンプ」です。
ソロキャンプと同じで、一人でキャンプをするという意味です。

「ソロキャンプ」の対義語・反意語

ソロキャンプの対義語・反意語はありませんでした。