「ズッキーニ」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「ズッキーニ」の意味とは

ズッキーニとは、ウリ科カボチャ属の野菜です。
見た目はきゅうりによく似ていますが、実際にはかぼちゃの仲間の野菜で、主に緑果種と黄果種があります。

「ズッキーニ」とかぼちゃの違い

ズッキーニはかぼちゃの仲間ではありますが、収穫の時期はかぼちゃと異なります。
一般のかぼちゃは、実が完全に熟してから収穫をしますが、ズッキーニは開花後5~7日ほどの未熟なうちに収穫するのも異なる点です。
その理由は、ズッキーニが放っておくとどんどん成長してしまうことにあります。
また、かぼちゃは甘く、スイーツ作りなどにも使われる一方、ズッキーニは甘くないのが特徴です。

「ズッキーニ」の栄養価

ズッキーニはでんぷんや糖質が少なく、カロリーの低い野菜です。
油との相性が良いため、オリーブオイルで炒めるとベータカロテンの吸収率がアップします。

「ズッキーニ」の食感

ズッキーニは、炒めるとふわっとした食感となり、煮込むととろとろになります。

「ズッキーニ」の品種

ズッキーニには、細長い緑果種の「グリーントスカ」、細長く黄果種の「オーラム」、全体が黄色くヘタに近い部分が緑色で、丸い形をしている「ゴールディー」、形がUFOに似ておりUFOかぼちゃとも呼ばれる「アラジン」などの種類があります。

「ズッキーニ」の選び方

ズッキーニを選ぶときは、針があり緑色が濃く、太さが均一なものを選ぶと良いでしょう。

「ズッキーニ」の注意点

ズッキーニなどのウリ科植物には、「ククルビタシン」という成分が含まれています。
微量なため、通常においては問題ありませんが、ごくまれに「ククルビタシン」含有量の多いものがあり、過去には食中毒発生の例もありました。
ズッキーニで苦味の強い場合には注意が必要です。

「ズッキーニ」の例文・用例

ズッキーニ

ズッキーニを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●毎朝学校で、ズッキーニをしていた。
ズッキーニがないと生きている実感がなくなってしまいます。

 

SNSでの「ズッキーニ」の使われ方

「ズッキーニ」の類義語

ズッキーニの類義語はありませんでした。

「ズッキーニ」の対義語・反意語

ズッキーニの対義語・反意語はありませんでした。