「国際交流」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「国際交流」の意味とは

国際交流とは、競馬を通じて国際親善に貢献するための中央競馬会による取り組みのことです。

「国際交流」の特徴

国内の主要な競馬レースを開催するJRA(日本中央競馬会)は、競馬というスポーツを通じて国際的な交流を活性化することも重要な役割であるとし、ヨーロッパ諸国やオーストラリア、アジアなどの各国と様々な交流を行っています。
1900年代半ば頃から、多くの海外競馬会議にも積極的に参加し、1960年には「アジア競馬会議」を成功させています。

レースを通じての国際交流も盛んで、1981年に創設された国際招待競走である「ジャパンカップ」は世界でも高い評価を受けています。国際競馬統括機関連盟による「世界のトップ100GIレース」では、2020年の時点で世界3位と位置付けられています。

2021年現在、中央競馬の平地競走における重賞レース及びオープンレースが日本において外国馬も出走できる「国際競走」となっています。

「国際交流」に関する団体

1993年にJRAとNAR(地方競馬全国協会)の協力のもと、日本競馬の国際化や国際交流を目的とした財団法人「競馬国際交流協会」が設立されました。
2010年には財団法人日本軽種馬登録協会と合併し、公益財団法人「ジャパン・スタッドブック・インターナショナル(JAIRS)」となりました。

この団体は、日本の競走馬の登録や管理の他、競馬を通しての国際交流を行っています。

「国際交流」の例文・用例

国際交流

国際交流を使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●競馬の国際交流の歴史はまだまだこれからといったところだね。
●外国馬との熱いレースも平和な国際交流があってこそです。

SNSでの「国際交流」の使われ方

「国際交流」の類義語

国際交流の類義語は、「国際競走」です。
主催国以外の国の厩舎に属する馬(外国馬)も出走できるレースのことです。

「国際交流」の対義語・反意語

国際交流の対義語・反意語はありませんでした。