「沖スロ」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「沖スロ」の意味とは

沖スロとは、沖縄県向けに製造されたパチスロという意味です。

「30パイ」とも言われます。
一般的なスロットでは、コインの直径(パイ)が25ミリであることに対し、沖スロは直径30ミリであることや、完全先告知機能(ボーナスに当選したことを知らせる機能)がついた機種が沖スロの主体となっており、初心者にも使いやすいのが大きな特徴です。
沖スロの製造は、特に沖縄県内の業者に限られてはおらず、日本全国のメーカーから発売されています。
また、沖縄県に多く設置されていますが、沖縄県にしか設置してはいけないわけではないため、沖スロのパチスロ代は全国に設置されています。

「沖スロ」の筐体の特徴

沖スロの筐体やゲーム名などは、「ハイビスカス」や「島」「海」「シーサー」など、沖縄を連想させるものが多く使われています。
ボーナス時のBGMも、沖縄民謡や沖縄出身のアーティストによる歌をアレンジしたものが多数あります。

沖スロオススメ機種

沖スロの人気機種には、「沖ドキ!-30」「プレミアムハナハナ-30」「ビッグシオ-30」「ハイドラ‐30」「マイフラワー30」などがあり、いずれもわかりやすく、初心者でも盛り上がって楽しめる仕様です。

「沖スロ」の例文・用例

沖スロ

沖スロを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●朝一で行ったら、沖スロも他の新台も稼働率が良かった。。
沖スロを打ちに沖縄まで来てしまった。

SNSでの「沖スロ」の使われ方

「沖スロ」の類義語

沖スロの類義語はありませんでした。

「沖スロ」の対義語・反意語

沖スロの対義語・反意語はありませんでした。