「合成確率」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「合成確率」の意味とは

合成確率とは、パチスロでビッグボーナス(BBやBIGと表す)の確率とレギュラーボーナス(RBやREGと表す)の確率を合算した確率という意味です。合成確率はパチスロの設定を読む際に重要な要素になります。

「合成確率」の特徴

パチスロにおけるビッグボーナスとは、そろえるとボーナスゲームに突入し、メダルをたくさん払い出す絵柄のことです。「777」が有名です。
レギュラーボーナスとは、払い出し枚数がビッグボーナスより少ない絵柄のことです。

合成確率は、下記の計算式で算出できます。
合成確率の確率分母=(ビッグボーナスの分母×レギュラーボーナスの分母)÷(ビッグボーナスの分母+レギュラーボーナスの分母)
合成確率は、「1/○○」と表現され、分母の○○が大きいほど、出やすい台ということになります。

この合成確率は、メーカーも発表しますが、参考にならない場合が多く、自身で計算する方が正確であることが多いです。

「合成確率」の例文・用例

合成確率

合成確率を使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

合成確率が1/120より悪くなったらボーナス後すぐやめる。
合成確率を上げてくれ。

SNSでの「合成確率」の使われ方

「合成確率」の類義語

合成確率の類義語はありませんでした。

「合成確率」の対義語・反意語

合成確率の対義語・反意語はありませんでした。