「インプレッション課金型広告」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「インプレッション課金型広告」の意味とは

インプレッション課金型広告とは、広告が表示された回数に応じて広告費を支払うタイプのWEB広告のことです。

「インプレッション課金型広告」の特徴

「インプレッション」とはWEBマーケティングの用語で「広告や投稿が表示された回数」を意味します。
この回数に応じて広告費が発生するのが特徴で、単価の指標には「CPM」が使われます。これは「Cost Per Mille」の略で、1000回(=1Mille)表示ごとのコストを表します。

「インプレッション課金型広告」のポイント

インプレッション課金型広告を利用するメリットとして、表示回数に対してのクリック回数の割合(CTR)が高ければ高いほど、1クリックにかかる単価が安価になるという点があげられます。
反対にクリックの割合が低い状態だと、広告が表示されるだけでコストがかかり、1クリックまでのコストパフォーマンスは低くなってしまうというデメリットもあります。

しかし、インプレッション課金型広告は表示回数が最大になるように配信されるという特徴があります。そのため、たとえすぐにユーザーのアクションに結び付かなくても、とにかく多くの人に広告を見てもらいたい、商品の存在だけでも広く知ってほしいとういう場合には料金の設定もしやすく便利な広告システムとなります。

「インプレッション課金型広告」の例文・用例

インプレッション課金型広告

インプレッション課金型広告を使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●新しい製品の宣伝には、インプレッション課金型広告を取り入れてコストパフォーマンスの効果測定をしたいと思います。
●まずはインプレッション課金型広告で、とにかくサービスの名前を広く知ってもらうようにしよう。

SNSでの「インプレッション課金型広告」の使われ方

「インプレッション課金型広告」の類義語

インプレッション課金型広告の類義語はありませんでした。

「インプレッション課金型広告」の対義語・反意語

インプレッション課金型広告の対義語は、「クリック課金型広告」です。
こちらは、広告がクリックされた回数に応じて広告費を支払うタイプのWEB広告のことです。