「マーケティングオートメーション(MA)」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「マーケティングオートメーション(MA)」の意味とは

マーケティングオートメーション(MA)とは、見込み顧客に対してのマーケティング施策を自動化によりサポートするツールを指すWEBマーケティング用語です。

「マーケティングオートメーション(MA)」の特徴

マーケティングにおいて、見込み顧客を獲得する機会や方法は様々です。
特にBtoBでは広告配信やメディアへの露出だけでなく、展示会やイベントへの参加も新規顧客獲得の場になります。

このように多様な方法で取得した顧客リストを人の手で管理するのは非常に困難になってきています。
マーケティングオートメーションを利用すると、見込み顧客リストを自動で管理することができ、今までのアクションの記録や検討度合いに併せて分類化してくれるので、リストのデータを効率よく活用することができるようになります。

またそのデータを元に、各顧客ごとに最適なタイミングで最適なコミュニケーションを図ることが可能です。
例えば、顧客リスト全体にメルマガを配信することができるのはもちろん、顧客の状態や行動(検討度合いやセミナー出席、サイト訪問の有無など)に合わせて分類化してくれるので、適切な文言のメールを限定的に送信することなども可能になっています。

「マーケティングオートメーション(MA)」の普及の背景

元々、1992年にはアメリカにて発祥していたマーケティングオートメーションですが、日本での普及は遅れをとっています。
しかし、インターネットやSNSが欠かせないものとなった今、顧客の情報収集元は営業マンよりもインターネットが主流となりつつあります。
この、顧客の購買プロセスの大幅な変化が転換期となり、今後はマーケティングオートメーションを導入する企業が増えていくと予測されています。

「マーケティングオートメーション(MA)」の例文・用例

マーケティングオートメーション

マーケティングオートメーション(MA)を使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●我が社もMAを導入して、顧客管理の効率化を図ろう。
マーケティングオートメーションをいかに使いこなし、営業プロセスへ繋げていくかがこれから重要になっていくでしょう。

SNSでの「マーケティングオートメーション(MA)」の使われ方

「マーケティングオートメーション(MA)」の類義語

マーケティングオートメーション(MA)の類義語はありませんでした。

「マーケティングオートメーション(MA)」の対義語・反意語

マーケティングオートメーション(MA)の対義語・反意語はありませんでした。